« 新旧 | トップページ | 様子みます »

これが現実

「つらい治療を乗り越えて、
 ちゃむくんのてんかんは完治し、
 体の機能はどんどん回復して、
 ママと手をつないで歩けるようになりましたとさ。
 めでたし、めでたし。」

という結末は、夢に終わった。

これが現実。

「発作がある」っていう生活から開放されたのは、
おおよそ3ヶ月間だった。
3ヶ月間のうち、1ヶ月は病院で、1ヶ月は自宅療養。
今でも、抵抗力の低下を気にして、生活してる。

これをどう解釈するか。
3ヶ月間だけ、とするか、
3ヶ月間も、とするか。

あんなにたいへんな思いをして、
3ヶ月間しか脳疲労を取り除いてあげられなかった、
それとも、
3ヶ月間も脳疲労を取り除いてあげられた、
なのか。

この親の選択に、
あの子はなんて答えるんだろう。

|

« 新旧 | トップページ | 様子みます »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが現実:

» ダメだったよぅ [この空のしたで]
てんかん発作、再発しました。あんなにがんばって入院治療したのに。なんで?どうしてこんな運命なの? [続きを読む]

受信: 2005.01.13 00:15

« 新旧 | トップページ | 様子みます »