« ちゃむ発熱 | トップページ | 火災の可能性 »

うれしい電話

養護教育総合センターの担当者さんから、
電話があった。

待ってたんだ、この電話。

市の協議がおわって、
希望していた養護学校に、決定したとのこと。

よかった・・・
これでひとあんしん。

|

« ちゃむ発熱 | トップページ | 火災の可能性 »

育児」カテゴリの記事

コメント

おめでと♪

投稿: take | 2005.12.21 03:27

takeさん、ありがと~♪

12月入ったらすぐに連絡があるって聞いてたのに、
ぜんぜん電話が鳴らずに、やっと20日になって、です。
もう、待ちくたびれちゃったよぅ。

市内でいちばん大きくて、
いちばん設備の整った養護学校なの。
それだけに、希望者が多くて、
人数調整に時間がかかってたみたいです。

かなり遠いのが、難点なんだけど、
高等部まで12年間通わせることを考えたら、
絶対にココ!と思ってたんだ。

これで無事に春が迎えられます~♪

投稿: あたし | 2005.12.21 08:58

うーーん・・・
高等部までとは、そりゃ、良かった!

旦那の会社には、
神奈川の工場からの転勤組が沢山いるのだけれど、
自閉症のお子さんを持つ方がいて
転勤のとき、こちらに良い学校(養護施設?)がなく
ずーーっと単身赴任のまま。

こういう理由から、家族がばらばらに暮らすのは
ちょっと忍びないよね。


投稿: take | 2005.12.21 21:05

なかなか新しい環境になじめない子が多いので、
転校するのは、難しいかも。
転勤などの辞令がきっかけで、
転職するパパも多いみたい。

子どもの送迎のために、
比較的時間の自由なお仕事に、
かわったりするパパもいるし。

親が子どもに合わせていかないと、
生活成り立たないことろも多いかな。

投稿: あたし | 2005.12.22 09:22

そうだねー。

所詮健常者の親には
わからない部分なのかなー、
そういう苦労が。

でもね、あたしも保健所で、
こどもたちとかかわってるから
小さな子たちが、大事にいたらないように。

そういう「目線」は
大事にしていきたいなー

悩んでるお母さんたちの
少しでも解決点になればよいなー

って思いながらやつておりまする。

話が、うーーんと、とんじゃって
ごめんねーーーー

投稿: take | 2005.12.22 19:26

「所詮」といわれてしまうと、
さみしいなぁ。
いろんな子どもがいて、
いろんな家族のかたちがある、
そういうことだと、思って欲しいな(^^)

投稿: あたし | 2005.12.22 19:55

>いろんな子どもがいて、
いろんな家族のかたちがある、

うんうん、そうだね(^^)

投稿: take | 2005.12.23 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしい電話:

« ちゃむ発熱 | トップページ | 火災の可能性 »