« ひたすら吠えたぜ | トップページ | 浜マーケット »

おさんぽにて

おさんぽ

どこだかまったくわからない写真ですが、山下公園。
学校帰りにおさんぽです。

よこはま花と緑のスプリングフェア2007の花壇展をやってまして、
園芸店さんがいろんなデザインの花壇を競って展示しています。
市民投票はもう終わって、賞の発表があったようです。

展示は5月6日まで。
お近くの方は、ぜひどうぞ~♪



写真とりながら、ちゃむとフラフラ歩いてたら、
サッカーボールが飛んできて、
ちゃむの車イスに当たりました。

近所のこどもたちが、芝生でサッカーしてて、
「そっちダメ!あぶない!!」 と、ひとりの男の子が気づいて叫んだのに、
ほかの男の子がおもいきり蹴っちゃったんですねー。
で、みごとにちゃむに命中したわけです。

ちゃむは、ちょっとびっくりしてましたが、
別にこのぐらいだいじょうぶ、と通り過ぎたところ、
あとから、男の子があやまりに来てくれました。

ブロンドのかわいい男の子。インターの子かな?
小学校高学年ぐらいの年齢でしょうか。
とっても流暢でていねいな日本語で、
「ほんとうに申し訳ありませんでした・・・」ですって。

いやーそんな、こっちが恐縮しちゃいます。

いえいえ、だいじょうぶよ~♪ と、
笑いかえしてあげました。

きっと、あの男の子はびっくりしちゃったと思うんです。
だって、ボールの当たった先が、
元気な子ならまだしも、車イスキッズだったわけだから。

なんだか、こっちが申し訳ない感じ。


で、ここで思ったのは、
あやまられるのって、気持ちよくないんですね。
かえって、申し訳ない気持ちになっちゃう。

あやまって欲しい、って思ってるときは、
あやまらせてやったぜ!って、満足感があるかもしれないけど、

そんな、気にしないでー、って程度のときにあやまられると、
ものすごい居心地が悪い感じがするのです。

でも、あやまった方としては、
あやまらないほうが、心地悪いわけで、
じぶんが納得するためには、ごめんなさいは必要。

ごめんなさいの言葉は、誰のためのものかというと、
あやまられる人のものじゃなくて、
あやまる立場の人のものなんですね。

結局、お互いにリスクを負うわけです。
まぁ、リスクって言っちゃうと大げさだけど。

こうやって、人間関係って、
フィフティーフィフティーにできてるんだなぁ。
 
 
山下町地下駐車場に車を入れてたので、
中華街によって、美味しいものでも物色しようかな~♪ と思ってたら、
GWはまだなのに、ものすごい混雑してました・・・

歩道に人があふれてると、ちゃむは通れません。
あきらめて、帰ってきました。

明後日から、連休スタート。
どこもかしこも、混雑するんだろうなぁ~

近くに混雑ポイントがたくさんあるので、
できれば遠くへ行きたいのですが、
まぁ、それもムリそう。

憂鬱なおやすみになりそうな予感です。

あたしとしては、たまってる本でも読むかな~ で済むのですが、
ちゃむには、もっともっと刺激が必要!と思っちゃうと、
ダメなのよね~

|

« ひたすら吠えたぜ | トップページ | 浜マーケット »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おさんぽにて:

« ひたすら吠えたぜ | トップページ | 浜マーケット »