« ちょっぴりのしあわせ | トップページ | もう1年 »

キャベツ畑

ちゃむの学校では、
近隣の小学校数校と交流をしてる。

今日は、そのうちのひとつの小学校で、
学芸会みたいのがあって、
招待状をもらったので、行ってみた。

その小学校は、なんとキャベツ畑だらけのところにあった。
ほんとにキャベツ畑いっぱい。
ほんとにヨコハマ??? というぐらい。

ここにも、あたしの知らないヨコハマがあった(笑)

さて、

手書きの招待状を持って、
ちゃむたちと交流するクラスの発表会場に入ったら、
とっても喜んでもらえた。

ちゃむの学校のお友達にはひとりも会いませんでした。
招待状をもらったのって、ちゃむだけ??
そんなことないよねー。

ふつうの小学校へ行くってことは、たいへんなんだけどね。
3階の教室まで、ダンナが28kgになっちゃったちゃむを抱っこして、
あたしが車イスを担ぎ上げて。

でも、子どもたちにとって、
ホントに来てくれた!っていう事実が、
必要なんじゃないかなぁ、と思ったわけです。

そのクラスの子どもたちは、手話を勉強してて、
手話で物語の朗読とか、歌とか、披露してくれた。

とっても上手だった。
みんなステキだった。
しっかりとした視線で、堂々とした発表だった。

しっかりとした視線で、そのまま未来を見ていってね。

|

« ちょっぴりのしあわせ | トップページ | もう1年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっぴりのしあわせ | トップページ | もう1年 »