« 検討中 | トップページ | さみしいのは »

コミュニケーションボード

コミュニケーションボード

学校でもらってきた。
災害時や救急時に、障害のある人が意思疎通のために使うそうだ。

横浜市内の障害福祉関係団体と機関で組織した、
セイフティーネットプロジェクト横浜、というところで作っているそうで、
横浜市社会福祉協議会でもダウンロードできるようになってる。

こういうの、広まって一般的になるのは、
とてもいいことだと思うけれど、

障害のある人、みんなが、
これを理解できて使えると思われちゃうと、困るなぁ。

これ、理解できて使えたら、
かなりすごいと思うんですが・・・

っていうか、これが理解できたら、
もうほかに何も求めないよ~
 
 
でも、意思表示の手段を身につけさせるのって、大切。
それを再認識させられた。

がんばって、おべんきょうしましょ。

|

« 検討中 | トップページ | さみしいのは »

育児」カテゴリの記事

コメント

昨日コミュニケーションボードを配るときに
これ、うちの学校で使える人いるのかな??
と思いましたよ。 確かに。


困っていそうないる人がいるときに
声をかけ、助けてあげるということが
みんなできるようになれば
一番いいですよね。

まずは声かけの勇気をもつことでしょうかね・・・

投稿: ジョージ | 2008.07.11 08:50

ですよね~

もっと、できないことを主張する情報を、
相手に伝えなきゃいけないと思うんです。
特に災害時は。

・おむつをかえてください
・食事を食べさせてください
・水分を飲ませてください

最低限のライフラインは、確保したいですね。

投稿: あたし | 2008.07.11 23:37

わかりますわかります(笑)

うちは使えませんね~
どれも、やはり1人で歩けるような知的障がいの子のためであって
うちのように、ずっと一緒にいなきゃダメな子には
近くにいる保護者なり、ヘルパーなりが伝えるしかないです。

私たちの学校で作ったのは
こういう子どもたちがいます!という知ってほしい内容にとどめました。
知的障害だけではなく、肢体不自由も含めた
日本初!のパンフレット(なはずです(笑))

ま~まずは、しってくれる人を増やしていくしかなくって
伝えることの大切さは、身にしみます。

昨日は、娘のほうの学校で校長室で暴れましたもん(笑)
あまりの理解のなさ。
特別支援教育なんて、名前ばっかり立派で
現場に浸透してないじゃーーーーーん!!!
と、校長、副校長相手に
「それじゃ~ダメですよね?」と低姿勢ながらもダメだしを
たっぷりしてきました。

ふ~、久々にパソコンmixiで、のぞいたのに
グチでごめんなさぁい(汗)

投稿: みえ(み∞のーてんき) | 2008.07.15 08:30

みえさん、おひさしぶりです!

キャラバン隊のブログみました~!!
すばらしい活動されてますね。感動です。

学校で独自にパンフレットを作ったりしてるんですね。
このコミュニケーションボード関連のプリントを
今日もいただいたんですが、

シンボルが個別にダウンロードできるようになってて、
その子に必要なアイテムだけ、
カードが作れるシステムがあるんです。

これなら、学習用としても使えるかも。

投稿: あたし | 2008.07.16 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検討中 | トップページ | さみしいのは »