« きのうのランチ | トップページ | それでも写真を撮る »

手紙 -拝啓 十五の君へ-


手紙~拝啓 十五の君へ~

アンジェラ・アキの曲、
みんなの歌で何度も聴いて、すっかり覚えちゃった。

合唱曲として作られて、コンクールの課題曲だったとか。
ドキュメント番組も、NHKでやってたらしい。

未来の自分に宛てた、15歳の悩みを綴った手紙、
15歳の自分に宛てた、未来からの返信。

 
 
15歳、

中学3年生から高校1年生。
ちょうど受験期。

15歳のあたしは、

この歌みたいに、
負けそうで泣きそうで消えてしまいそうで、
ほんとに消えてしまいたかった。

不思議と、
あのときの気持ちって忘れていなくて、

いまの自分の、
ネガティブ思考の土台になっていたりする。
 
 
15歳は不安定。

きっと、みんな、
こんな想いを抱く時期なんだろうけど。

いま考えると、その想いを爆発させて、
問題行動に出られる子がうらやましかったり。

先生や親に、自分のもがく姿をさらけだして、主張して、
社会の視線がささるけど、

きっと、それが求めてるものなんだろうし、
生きているという、実感なんだろう。

15歳をまわりでみているオトナも、
15歳のときがあったはず。

でも、忘れちゃってるんだろうなぁ。

理解できない、で、
片付けちゃうんだろうなぁ。
 
 
あのとき、誰かがそっと寄り添って、
だいじょうぶだよ、って受け止めてくれたら、

あたしの未来は、変わっただろうか。
 
 
15歳のあたしに、伝えてあげたい。

だいじょうぶだよ、
あなたはきっとだいじょうぶだよ。

未来は、まぁ、
けっこうたいへんで(笑)、

そのまた未来も、
たぶんもっとたいへんだろうけど、

そのなかに、しあわせをさがす工夫を
ちゃんと見つけられるから。
 
 
15歳のちゃむには、
ちゃんと寄り添ってあげよう。

悩みを打ちあけてくれることは、
たぶんないだろうけど、

それでも、寄り添ってあげよう。

いまと同じように、
しっかり抱きしめて、

だいじょうぶだよ、だいじょうぶだよ、って、
言い続けよう。

|

« きのうのランチ | トップページ | それでも写真を撮る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よく、ツッパリから見事更正してナントカ・・・とか言うけど
真面目にルールを守って頑張っていた人たちの方が凄いだろって
いつも思っている。散々迷惑かけといて、何が更正だよって。
あの頃の受験戦争やら校則やら
今とはまた違った苦しさがありましたからね。。

投稿: まき | 2008.09.22 21:49

ある意味、生きるのが不器用で、
得してるっていうか。

いい先生って、問題行動を起こす子に寄り添うことで、
評価されてるところがありません?

問題起こさないで、抱えてる子のほうが、
ずっと厳しい面があったりすると思うんですけど、

それに気づいてる先生、いたかなぁ、って思ったり。

いまの15歳って、どんな感じなんですかね。
昔みたいな不良って、いないのかな。

投稿: あたし | 2008.09.22 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのうのランチ | トップページ | それでも写真を撮る »