« いちねんせいのころのこと | トップページ | 鎌倉さんぽ(2) 祇園山をあるく »

鎌倉さんぽ(1) いいお天気だったので・・・

Dsc04887

ふたたびの鎌倉です。

雨の予報だったので、
たまったポイントで映画みようと思ってたのに、

朝おきたら、めちゃめちゃいい天気。
これは、おでかけでしょ。

というわけで、鎌倉駅からスタート。
今日の目的は、しだれ梅と祇園山です。

段葛を歩きます。

Dsc04888

右手に雪ノ下教会。

Dsc04890

外壁には、絶えざる助けの聖母のモザイク。
マリアさま、行って来まーす!

Dsc04891

鶴岡八幡宮へ突き当たったら、
右へ。

Dsc04892

さらに突き当たりが、宝戒寺。
滅亡した北条一族の弔いのために建立された寺です。

ここは、萩の寺として有名で、

Dsc04893

萩の季節になると、
この両側が花でいっぱいになります。

でも、今日の目的はこっち。

Dsc04895

しだれ梅。
大きな木、みごとです。

Dsc04899

見上げるとこんな感じ。

ほかの梅は、そろそろおわりですが、
しだれ梅は、ちょうどみごろでした。

Dsc04903

庭をぐるっと歩いてから、
本堂へあがります。

ここは、本堂へあがって、
内陣の仏像をじっくり見られるのです。
鎌倉では、あんまりないような。
 
 
本堂から、ふと外をみると、
梅の写真を撮ってるご夫婦の姿が目に入りました。

そのおじさんの横顔が、夏に亡くなった父にそっくり。
髪の白髪の感じとか、立ち方とかも似ててハッとしました。

あたしは初めての宝戒寺でしたが、
父と母は、何度も来てるはず。

Dsc04909

紅梅には、めじろが何羽もいました。
シャッター切ろうとすると、なぜかくるりと背を向けます。

つづく。

|

« いちねんせいのころのこと | トップページ | 鎌倉さんぽ(2) 祇園山をあるく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いちねんせいのころのこと | トップページ | 鎌倉さんぽ(2) 祇園山をあるく »