« コルベ神父さまの祭日 | トップページ | 夜さんぽ »

しあわせですか?

しあわせですか?

昨夜のTBSドラマ「歸國」、

途中、ちゃむのお風呂で中座しつつも、
どうにか最後のほうはしっかり見れました。


ストーリーは、ファンタジー。

英霊として帰ってくる霊、
英霊になれずにさまよう霊、

それぞれの想いが、
きっとそうであったろうと想像させます。

ほかに選択肢のなかったあの時代に、

せめて誰かの幸せを願って、
誰かを守るために。

一人の死で大騒ぎできることが平和だって、
確かにそうだよね。

その数が巨大な数になってしまうことで、
感覚が麻痺しちゃう。


殺し合いはしちゃいけない、って、
きっと誰もがわかってるはずなのに、

今も戦争はなくならないし、
日本の中にだって、肯定してるオトナもいるわけで、

じぶんも含めて、
人間って、ほんとダメダメだなーと思います。


あの時代から比べると、
いまの時代はこれ以上ない、しあわせな時代のはずなのに、

その、しあわせを感じている人が、
どのぐらいいるんだろうか?

しあわせですか?

しあわせなんですよ。


比較する物差しもどうかと思うけど、

もっと、
しあわせを感じなくちゃいけないのは、事実。


歸國

歸國

価格:1,575円(税込、送料別)


|

« コルベ神父さまの祭日 | トップページ | 夜さんぽ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コルベ神父さまの祭日 | トップページ | 夜さんぽ »