« 魔法使いの弟子 | トップページ | 亀渕友香&VOJA ふれあいコンサート »

トイ・ストーリー3

Wp_toystory022_1024

この夏、ナンバーワン! と評判の作品。

それは、予想以上でした。


子どものころ、
どんなおもちゃで遊んだ?

子どもはいま、
どんなおもちゃで遊んでる?
 
 

子どもはいつか、オトナになる。
じぶんがオトナになっちゃったように。

子どものころ、遊んでたおもちゃ。
アンディみたいに、愛せてなかったと思う。

何で遊んでたか、
どうやって遊んでたか、

何が宝物だったのかさえ、思い出せない。

あたしはきっと、子どもの頃に、
大きな忘れ物をしてきたんだと思う。


いま、ちゃむが遊んでるおもちゃたち。

ちゃんと愛せるように、
おもちゃとの出会いをさせてあげられてるだろうか。

ちゃむのそばに、ウッディはいる??


おもちゃに限らず、
モノを選ぶとき、買うとき、

ひとつひとつ、しっかり選んで、
愛してあげなくちゃいけないんだってこと、忘れられてる。

トイストーリーは、そういう警告みたいに思えた。

オトナがもっとしっかりしなきゃ。

時代に流されて、
大切なものの価値を下げてる。


ストーリーのなかで、
子どもとオトナを行ったり来たり。

子どもたちは、どんな想いでこの作品を見るんだろ。


ピクサー恒例の短編も深い。
テーマは、お互いの違いを受け入れる、です。


|

« 魔法使いの弟子 | トップページ | 亀渕友香&VOJA ふれあいコンサート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔法使いの弟子 | トップページ | 亀渕友香&VOJA ふれあいコンサート »