« 龍馬 | トップページ | 静かに! »

悪人

Akunin

モントリオール世界映画祭で、
深津さんが最優秀女優賞を受賞して話題に。

原作は、吉田修一の小説。

悪人(上)

悪人(上)

価格:567円(税込、送料別)

悪人(下)

悪人(下)

価格:567円(税込、送料別)

監督は、フラガールの李相日。

フラガール スタンダード・エディション

フラガール スタンダード・エディション

価格:3,591円(税込、送料別)


うーん、
ちょっと毒吐きます。

見に行くのを楽しみにしてる人は、
この先はパスしてね。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
たしかに、

文学的といえば、
文学的なんだよね。


でもさ、

ダメです。
ダメダメです。
ダメダメすぎる。

「悪人」じゃなくて「ダメ人」じゃん。

どの人にも感情移入できず。


みんな、さみしー自慢か??

自分ばっかり不幸な顔しちゃって、流されずぎ。

抱き合ってるだけじゃ、何も解決しないでしょ。
っていうか、抱き合うとわかりあった気になっちゃうでしょ。

もう、そこがダメダメ。

別に出会い系が悪いとは言わないけどさ、
それでちゃんと幸せになってる人もいるんだろうし。
利害関係が一致すれば、オトナの責任でOKでしょ。


でもさ、悪人って、誰が悪人か、とか、
そんなレベルじゃないでしょ。

人間なんて、みんな悪い人なのよ。
オトナはみんな悪人だらけ。

っていうか、そういうレベルでもなく。
ほんとにもう。


とにかく、あたしはダメでした。この作品。
ざんねん。


何がいけなかったんだろ、って考えた。

たぶん、
出てくる女性がみーんな、
男性に寄りかかってるから、かな。

怒鳴られて、泣いたり。
すがりついたり、わめいたり、さけんだり。げげっ。


映画の途中で、時計みちゃったの久しぶりです。
え?まだ終わんないの??とか思ったぞ。

年に何本も映画みてますが、
なかなかないよ、こういうこと。


モントリオール世界映画祭の最優秀女優賞は、
深津さんのあばらで取ったんだと思われ。

あばらっていうか、背中の方まで、
すごかった。ガリガリで。

さみしー、って骨が言ってた。

|

« 龍馬 | トップページ | 静かに! »

映画・テレビ」カテゴリの記事