« ひとりランチ | トップページ | 応援弁当 »

十三人の刺客

13assassins

1963年の作品のリメイクなんですね。
新左は、片岡千恵蔵だったのか。

監督は、三池崇史。
ゼブラーマンとか、ヤッターマンとか、次回作は忍たまだって。

かなりイメージちがいます。

でも、バイオレンスも得意な監督なので、
たしかに、バイオレンス、といえばバイオレンス。
 
 

ストーリーは、

とんでもないお殿様がおりまして、
この人がもっと偉くなっちゃうと、たいへんなことになっちゃうから、

抹殺しちゃいましょう、というお話。


とんでもないお殿様は、稲垣吾郎。
ほんとにとんでもない。とんでもないぶりが、すっごく似合う。

冒頭にね、いま話題の内野さんが出てくるんだけど、
あっという間に切腹。

なんだか、
これって実生活のお詫び??って思っちゃったよw

落合宿、まるごと買っちゃうとこも豪快。

岸部さん、笑った。
最初の転ぶところすごいよ。

女性たちは白塗り、お歯黒、眉なし。
こういうところも時代検証、徹底してる。


とにかく殺陣のシーンが長いです。

みなごろし。
このための映画です。

まるごと買った落合宿は、からくり村になってる!!

矢の威力ってすごいね。
ああやって攻められたら、逃げられない。

刀ってそんなに何人も人切れないのよ。
血がついたり、刃がボロボロになったりしちゃう。

だから、宿のあちこちに刀が置いてあって、そうそう!って思った。


どこまでも愚かだけど、どこまでも美しい。

色合いを抑えたトーンが、うっとりするほどきれいでした。

十三人の刺客

十三人の刺客

価格:1,575円(税込、送料別)

|

« ひとりランチ | トップページ | 応援弁当 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おお....いまいちばん見たい映画です。

時代劇、たそがれ清べえあたりからすごく良いですね。ICHIも良かった。

>だから、宿のあちこちに刀が置いてあって、そうそう!って思った。

はっ、経験者? Σ(゚д゚;)

投稿: よんサマ | 2010.09.28 23:18

よかったですよ!

役所さんはもちろん、
平さんとか幸四郎さんとか、ベテラン陣と、
伊原さん、沢村さんあたりの、中堅組と、
窪田くん、高岡くんあたりの、若手、それぞれよかった。

刀一本で数十人を切っちゃう時代劇あるんですよ^^;
刺すのならともかく、切るのは絶対ムリなんです。
この作品は、刀を持ち変えたり、血を拭いたり、
ちゃんとしてました。

投稿: あたし | 2010.09.29 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりランチ | トップページ | 応援弁当 »