« 一週間 | トップページ | 日本丸進水81周年 »

チャリティ映画会「自転車でいこう」

Ca3f0318

ジャック、こと、
横浜市開港記念会館へ行ってきました。

目的は、

Ca3f0320

中区3障害一体サービス提供施設、建設に向けての、
チャリティ映画会。


上映されたのは、「自転車でいこう」という作品で、
主人公は、リ・プーミョンくん。在日2世の自閉症の青年です。

障害者の生活を知っていただく、というのも、
この映画会の目的になっているのね。

舞台は、大阪市生野区。

彼の毎日と、
彼をとりまく人々、町のようすのドキュメンタリーでした。

作業所、学童保育所。

撮影されたのは、2003年で、
彼が20歳のときなんだけど、

自由人なのね^^;
思ったとおりに話し、行動する。

こだわり強いし、予測不可能。
職員さんたちとの衝突も多いし。


それがね、

最後に、現在のようすが付け加えられてて、
おまけに本人がゲストとして登場したんだけど、

いまは作業所のほかに、
月20日間、大阪府庁舎で清掃の職業訓練をしてて、

ひとりで電車で通って、お給料もらってるのよ。

彼女もいるんですって(*^^*)


まぁ、そういうことができるのって、
ごく一部の人で、狭き門なんだろうけど、

彼は、いろんな人とぶつかりながら、
ちゃんと訓練を重ねて、成長してた。

すごいなー。

地域の力も大きいだろうな。
理解がなければ、通報されておしまいでしょ。


作業所のほかに、
彼も過去に通ってて、今も入り浸ってる学童保育所が出てくるの。

保育所っていっても、場所はふつうの古い住宅で、
引出しきちんと閉めようよ、とか、つっこみたいぐらい雑然としてるんだけど、

健常児と障害児、いっしょに預かってるのよ。

けっこう重度の子もいた。
重複障害の子も。畳のうえに車イスで乗ってたよ。

正直、あのスタッフの人数で、
どこまでやれてるのか疑問だけど、

そういう場所があるってだけでも、すごい。

2003年の段階で、だよ?

今も続いてるし、
地域にはほかにもおなじような学童があるって言ってた。

コミュニティのパワーなのかなー。


ほかにも、テーマがいっぱいあった。

・作業所の仕事の現状と収入
・言葉のない子とのコミュニケーション
・地域の人たちが接してどう感じてるか
・母の想い
・幼なじみの想い

盛りだくさんすぎるぐらい。


迷惑かけるのよ。
社会に対して、いっぱい。

ぶっちゃけ、
それに、どこまで耐えられるかだよね。

お互いにね。
ああ、修行の足りないあたしは母として耐えられない・・・

このあたりが、
言葉にするときれいごとになっちゃうから、

normalization って言ったって、難しいんだよなー。


でもとにかく、
いろんな意味で、教科書になる作品だった。

もっと、たくさんの人に見てもらえたらよかったな。

|

« 一週間 | トップページ | 日本丸進水81周年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

障害者福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一週間 | トップページ | 日本丸進水81周年 »