« 羽化 | トップページ | 老障介護 »

距離感

距離感

ひさしぶりにららぽーとへ行った。

なんでここまで行って、梅蘭なんだ?
中華街にあるじゃないか・・・

って、目的はららぽーとじゃなくて。


PTAが、とある社会福祉法人の後援会の役員になってるので、
その総会に出席してきた。

後援会の会員っていうのは、
その法人が運営する通所施設などの利用者の親がメインらしい。

施設のPTA的な存在なのかな?
でも、家族会は別にあるらしいぞ。

活動は、主に施設運営のための資金集め協力なのかな?


そもそも、その法人の立ち上げは、
親たちの熱意によるものだったのね。

親たちが立ち上げた、って言っても、言いすぎじゃない。

だから、
運営組織と親の距離感が、ものすごーく近い。

利用者さんたちの将来を考えたら、
この距離感って、どうなんだろ。


まぁ、作業所のほとんどがそうやって生れてきたわけだから、
よくあることなのかもしれないけど、

そのわりには、組織が大きいのよ。

ここまで大きくなった、
大きくしてきた、という感じなのかな。


大きく成長してきたなら、なおさら、
組織が組織の力で運営していかないと、

この距離感じゃ、
親はいつまでも、子どもを抱えることになる。


結局、「先に死ねない」的な考えは、消えないよなー。


うちの区もまたしかり。

これから立ち上がる法人も、同じ道をたどるんだろうか。

|

« 羽化 | トップページ | 老障介護 »

障害者福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽化 | トップページ | 老障介護 »