« ここに歴史あり | トップページ | 節電について考える »

アンダルシア 女神の報復

Andalucia

ふたたびスクリーンにて、
外交官の黒田さんにお会いしてきました。

これ、
「守るべきものは、誇りか、愛か」ってコピー、うそじゃん。

実際は、
「守るべきものは、組織か、正義か」だよ。


評判めちゃめちゃでしたが、
あたし的にはぜんぜんオッケーでした。

前作の
なんでアマルフィ?なんで女神の報酬?に続き、

あいかわらず、
なんでアンダルシア?なんで女神の報復?なのですが、

ふつーにおもしろかったです。

エンターテイメント作品として、
ふつーに楽しめました。

アマルフィより、いいよ。
まとまってる。


きっとね、
ゲレンデわかっちゃう人には、雪系の景色が、
あ、これ、日本じゃん、ってなっちゃうんだろうけど、

エンドロールにばっちり「乗鞍」とか地名出ちゃってたから、
まぁ、いいんじゃん?


黒田さん、
はっきり言って、やりすぎです。

かっこつけすぎです。

でもまぁ、いいや。
かっこいいんだもん。

あ、ちょっと落ち度もあったか。
薬飲まされちゃったしね。

でもまぁ、いいです。
どう転んでも、かっこいいんだもん。


アンダルシアって、
どんなところかぜんぜん知らなかった。

美しい町です。

ストーリーとしては、アンダルシアである必然性なしですが、
アンダルシアを知れたことは、プラスだったかな。


さて、黒田さん、
次はどこへ行くのかしら?

「アルデンヌ 女神の報恩」 とか、どうでしょ。

|

« ここに歴史あり | トップページ | 節電について考える »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここに歴史あり | トップページ | 節電について考える »