« 地中海より | トップページ | 実施前後 »

テニス体験

テニス体験

PTA有志の放課後支援の会にて、
車イステニス体験会に参加してきました。

高等部のお兄さん達といっしょチームだったので、
ほんとにもう、特訓!!

コーチの出したボールをひたすら打つべし!

ちゃむはひとりで打てないので、
ラケット握らせて、介助して振るんだけど、

ボール、けっこう見れてました。
打ったときのボールの振動とか、感覚も面白かったようで。

途中で飽きてグズグズ言うかなーと思ってましたが、
1時間、しっかり練習できました。


で、

こういうときって、けっこうむずかしくて。
どう動いていいのか、がね。

障害のある子どもっていっても、
ひとくくりにするのはムリだろ、ってほど能力差があるわけで、

ちゃむさんだけ、できないわけですよ、ふつうに見たら。
あたしがラケット振ってるわけだし。

ボールが目で追えたとか、ラケット握れたとか、
そんなレベルで、自分で打てる子たちのなかに入るわけです。

第三者的な視線に立てば、
迷惑ってこともありうる範囲でしょ。

だから、ちゃむさんは、最初ちょこっとやって、
ほかの子がたくさん練習できるように、引っ込もうかとも思ってて。


それがさ、

ちゃむさんが、けっこうヤル気だったんだ。
できる子たちのなかで、ちゃんとやってる気分になってた。

ボール見て! っていえば、しっかり見るし。
ラケット持って! っていえば、しっかり握るしね。

コーチも、上手!上手!って、
たくさんほめてくれたしね。

結局、最後まで、
みんなと同じ球数を打ってました。


みんなには、ちょっとごめんなさい、だけどね、
引っ込まないでよかった。

よかったね、ちゃむさん。

|

« 地中海より | トップページ | 実施前後 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地中海より | トップページ | 実施前後 »