« 防災訓練 | トップページ | 長月 »

神様のカルテ

Kamisamanokarute

一止。イチト。
おもしろい名前だね。

続けて書くと、

 一
 止

正しいっていう字に見える。
そんなふうに患者さんが言ってた。

夏目漱石を愛読する若い医師。
文語っぽいおもしろい言葉づかいは、そんな影響から。

現実の医療現場。
非現実っぽい一止の言葉づかいや、住まいと隣人。

コントラストがおもしろい。


信じられる医師に出会うって、すごいことだ。
雪乃さんは、じぶんで探しだしたんだけど。


まぁ、縁っていうのもあるけど、
やたらに文句を言う患者は、どんな医師とでも合わないんだけどね。


原作者は、現役医師だそうです。
だからこその苦悩。

医者だって、人間だもんね。

救う医療か、看取りの医療か、

めざすところがどこなのか、
たしかに難しい。

でも、
どっちでもいいんだと思う。

技術の進歩も、最期も、どっちも必要だしね。


迷ってていいと思う。
相手は、ひとりひとり別の人間だから。

それぞれの迷いと、寄り添えばいいんだと思う。



桜井翔、
期待してなかったけど、けっこうよかった。

気持ちの弱さ、ぼそぼそ加減、絶妙でした。


宮崎あおい にカメラ持たせるっていうのが、
どうもCMっぽくて。

ちゃんとオリンパスだったし。

でも、山はいいね。
あたしもひとりで写真撮りに行きたーい。

|

« 防災訓練 | トップページ | 長月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防災訓練 | トップページ | 長月 »