« 今朝の新聞より | トップページ | つまみ »

聖ベネディクトの戒律

聖ベネディクトの戒律


修道院へようこそではじまった、
修道院ライブラリー4部作のシリーズ。

修道院の食卓修道院の断食につづく、最後の1冊は、
修道院の医術でした。


どれも、修道院で短期間の生活をした体験記。

ドイツの修道院には、一般の人が
癒しと黙想のために、短期でお泊りできるシステムがあるらしいです。

生活、文化、歴史を知って、その場に身を置き、
自分自身と向き合う場なのでしょうね。
 
 

4作品、すべてにいえることなんだけど、

Benedictine Order、
聖ベネディクトの戒律」がベースになってます。


↑この本、定価900円なんだけど・・・


聖ベネディクトっていうのは、
イタリアの聖人、ヌルシアのベネディクトゥスのこと。

530年ごろ、修道会則(聖ベネディクトの戒律)を定めて、
共同で修道生活を行った人です。

ちなみに、
今の教皇さまは、ベネディクト16世ね。


戒律のモットーは、祈り、働け。

衣食住の共同生活ルールから、祈りの暦、
精神的なことまで。


もちろんふつうの人が、
この戒律通りに生活するのはムリだけど、

根本にながれるものは、
シンプルで、静かな、理想の暮らしです。

余計なものだらけ、物にあふれた現代への警笛としても、
応用できますよ。きっと。


聖ベネディクトの戒律をもとにしている修道会、
たくさんあるのですが、

有名どころだと、厳律シトー会、
トラピスチヌ修道院、トラピスト修道院。

バター飴とか、クッキーで有名ですね。


クッキーたべたくなった。
たしか、そごうでも取り扱ってたな。

あいかわらず、邪念だらけでー。

|

« 今朝の新聞より | トップページ | つまみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今朝の新聞より | トップページ | つまみ »