« 銀杏と格闘 | トップページ | きのうのさんぽ »

僕たちは世界を変えることができない。

Bokuseka

タイトル長いので省略してますが、実際は、

「僕たちは世界を変えることができない。
 But, we wanna build a school in Cambodia. 」

後半の英語部分がたいせつ。
建てたい。そして建てたドキュメント。


体験記の本が原作で、
映画のストーリーも、実話ベース。

キャラ設定が、多少変わってる程度みたいです。
ほんとは4人とも医大生だったらしい。
 
 

カンボジア。

たいへんな国だ、
というのは、なんとなくイメージできるけど、

医療と教育のもっともっと必要な国だ、というぐらいで、
詳しい歴史とか、実際は知りませんでした。

ポルポトのことも、名前を聞いたことがあるぐらいで。
虐殺のこととか。

教育が足りていない理由は、そこにあったのか。


カンボジアの部分は、
ほとんどドキュメンタリー。

メイキング番組でも、カンボジアを訪れるシーンは台本なしで、
素のリアクションを撮ったって話でした。

絶句して、涙して、
そこからが、現実。


大学生の軽いノリ。
おばさんは、つい非難したくなっちゃうけど、

すべてのことが、深刻にならざるをえない状況で、
その笑顔が、必要な場所だったのよね。


軽いノリで、資金集めのイベントとかやりつつ、

でも実際は、彼らは医大生で、
真剣に命と向き合う土壌を持ってて、

だからこその、このボランティア。

ふつうの大学生がやるボランティアとは、
意味がまた違ってるのかも。


彼ら4人は、
それぞれの道を歩いてるようですが、

ボランティアサークルは、いまも活動してるらしいです。


よかったよ。
ほんと、よかった。

イケメン集めた話題の映画、とかじゃないの。

軽さのなかにも、太い柱がある。


なんとなく、ものたりない毎日。
すっごくわかるよ。

動機なんて、どうでもいい。

たいせつなのは、気づきと行動だから。


そうそう、
シアター入場時に、JICAのチラシ渡されました。

なにか、コレ!っていう技術を身につけて、
行ってみたいと思ってたなー、20代のころ。

なんであたしは、世界で必要とされるような自分を持ってないんだろ?
って、落ち込む材料にもなってたが。

なんて思いながら、チラシ読んでてビックリ。

40歳になると、シニアなのよ~!!

青年海外協力隊には参加できないの。
シニア海外ボランティアになっちゃうの~!!

シニアだってよ、あたし・・・

世界に出遅れた感が。


ブルーハーツの青空、ほんといい歌だよね。
大好きだ。

|

« 銀杏と格闘 | トップページ | きのうのさんぽ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

しがらみなければ、行っちゃうかも。

でも年を取ると体力・気力面で行けなくなるのよね。

投稿: take@福島 | 2011.09.29 19:47

海外ボランティアは、定年後に行く人、けっこう多いみたいですよ。
現役世代は、家庭があって身動きとれないですからね。
特にエンジニア系はニーズがあるみたいです。

投稿: あたし | 2011.09.29 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀杏と格闘 | トップページ | きのうのさんぽ »