« メリメリと音がした | トップページ | 大荒れです »

ゴーストライター

Ghostwriter

これ、1年以上前の作品なのね。
賞もいっぱい取ってるのね。

いいのか??と心配しちゃうほどの、アメリカ批判。

ロマン・ポランスキーだから?

FBIに追われてて、
アメリカに入国できないんだよね、この監督。

知識ゼロで見ちゃったの。
ハリウッド作品だと思ってたからさ。

だって、
ユアン・マクレガーと、ピアース・ブロスナンだよ?

SATCのキム・キャトラルだよ?

でも、よく考えたら、
3人ともアメリカ人じゃなかった。。。


 
 

ストーリーは、謎解きサスペンス。

画がずーっと暗くて、ずっしり重いの。

アメリカのとある島、という設定だけど、
どう見てもアメリカの色じゃない。

音楽は、フランス映画っぽい。

フランス、ドイツ、イギリスの3カ国共同制作ですって。

ヨーロッパのアメリカへの感情って、
もしかしてこういうものなのか?と思ったり。

考えてみたことなかったなー。

もしかして、
アメリカでは公開されてないかも。

さらにすごい。


それにしても、
CIAって、コワイね。

裏だらけなんだね。
何も信用できないのは、日本も同じか。


イーライおじいちゃんが、ちょい役で出てた!
95歳だってよ。ウォール・ストリートのときより元気に見えた。


ラストがねー、
え?はぁ?そうくる? そっかー、って感じ。

そんな落ち。
徹底的な批判、悪意を感じます。

後味、悪すぎ。
お口直しが必要です。

|

« メリメリと音がした | トップページ | 大荒れです »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メリメリと音がした | トップページ | 大荒れです »