« 未来が見えて困っちゃう話 | トップページ | エンディングノート »

ステキな金縛り

Kanashibari

オンリーワン、とは、まさにこのこと。
三谷幸喜だからこその、世界観。

豪華キャストで、
そのひとりひとりがクセありすぎのキャラクター。

これも、三谷作品だからこそのオンリーワン。
 
 

宣伝、しすぎ、ってぐらい、
めちゃめちゃしてましたよねー。

ふつうにゲストとして出たテレビ番組だけじゃなく、

映画の宣伝のために、
同じキャストで別のドラマを撮っちゃってたし。

ステキな隠し撮り、あれもおもしろかった。


とにかく、みんなすごいよね。

深津さんも、竹内さんも、
三谷作品おなじみの役者さんたちも。

ちょっぴりしか出てこない人、たくさんいるんですが、
みんな参加したいんだと思う。

三谷作品って、お祭りだもんね。

ストーリーにも、びっくり。

阿部ちゃん、そこでそっちに逝っちゃうのか!!だし、
見える人、見えない人の共通点が、シナモンって??

舞台っぽい演出も、
オンリーワンな雰囲気をさらに盛り上げてるし。


めちゃめちゃ笑って、
ちょっぴりほろっと泣いて、

はぁ~、いい時間だった。

|

« 未来が見えて困っちゃう話 | トップページ | エンディングノート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未来が見えて困っちゃう話 | トップページ | エンディングノート »