« 走りたい道がある | トップページ | 冷蔵庫に »

アーサー・クリスマスの大冒険

Arthur

アーサーのクリスマス大冒険、じゃありません。

アーサー・クリスマス、って名前なんです。
セントニコラスから続く、クリスマス家、のお話。

クリスマスらしい、
ココロ豊かになれるストーリーです。

・・・

たしかに、
ココロ豊かになれるストーリーなんだけどね、

すっごいハイテク!
ハイテクってことば、死語か?

だって、クリスマスプレゼントをね、
街を覆うほどの超巨大な宇宙船でやってるのよ。

実際に配るのは、妖精さんたち。
その仕事ぶりったら、もう、すばらしい。

ミッションなんですよ。
トム・クルーズを越えてます。


で、サンタクロースは、
親から子へと続いていく、名誉ある職。

なんだけど、

現代の病がここにも。

肩書きに目がくらんだり、
忙しさにココロを失ったり、
身近な人といがみ合ったり。

クリスマス大好きだったアーサーも、
現実と向き合って、失望して、気持ちを失いそうになる。

でも、取り戻す。
その行動は、さらにたくさんの人&妖精の心をも動かす。


ほんと、いいお話でした。

だけどね、

いちばん大きなシアターで3Dで見たんですが、
観客、たった5人でした。

もったいない。

もっと宣伝しないと。

確かに、ぜんぜん宣伝やってないよね。
メディアでの撮り上げられ方も、さみしー。


クリスマスのこころは、こういうところで学ばないと。

特に、現代社会で汚れちゃったオトナたち。
みんな見なさい。

斜めから見て、文句いったりしないで、
素直に見なさい。


ラストにもかかってたけど、
♪Make Someone Happy ですよ。

誰かを幸せにすることで、自分も幸せになるんです。

あー、この曲、好き。
なんと ビル・ナイ が歌ってます。


ジャスティン・ビーバーが歌ってる、
Santa Claus Is Coming To Town は、薄っぺらいぞー。

|

« 走りたい道がある | トップページ | 冷蔵庫に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走りたい道がある | トップページ | 冷蔵庫に »