« ニューイヤーズ・イブ | トップページ | 気持ち動かず »

いつかの風景

Dsc02089

いつかの大さん橋より。


訃報をきいて、
何気ない会話の場面、場面を思い出した。

「やっておきますから、そこに置いといてくださいー。」

とか、

「あー、いたいた。探してましたよー。」

とか、そんなのだけど。

ほんとはもっとたくさん、
そんな風景が繰り返されてたはずだった。


秋に体調を崩されてから、まだ数カ月。
祖母と同じ病気だったんだ。

それを聞いて、祖母の最期を思い出したり。

葬儀の案内に書かれた地図、斎場はよく通る山のうえ。
父のときと同じ場所。

それを聞いて、父の最期を思い出したり。

いろんないつかの風景が流れていく。


副校長になられたばかり。
やりのこしたこと、たくさんあっただろう。

病気って、ほんと容赦ない。
一日、一日の尊さ、あらためて教えられる。


子どもたちとの思い出、
いっぱいもって逝かれるんだろうなー。

ありがとうございました。
安らかに。


|

« ニューイヤーズ・イブ | トップページ | 気持ち動かず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・え!?
そうだったんだね・・・着任されてすごく張り切っておられたよね・・・
合掌

投稿: keikei | 2012.01.14 04:30

年明けには、復帰されると信じてたのに。。。

うちの子が入学した時にはもう中学部にいらしたし、
初任の頃もココだったそうで、
学校の昔の話を伺ったこともありました。

残念だよ。ほんとに。

投稿: あたし | 2012.01.14 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューイヤーズ・イブ | トップページ | 気持ち動かず »