« 青空って | トップページ | メン・イン・ブラック3 »

ミッドナイト・イン・パリ

Midnightinparis

あこがれの街、パリ。

あたしもあこがれてますけど、
ギルのあこがれっぷりは、完全に行きすぎ。

だからこそみられる、夜の夢なのか。


そもそも、最初から、
婚約者とも、その家族とも、
相性が悪いのは、わかりきってる。

それなのに、
結婚しようとしてたのはなぜ?

結婚しよう、って盛り上がってるはずの気持ちだったら、
もうちょっと彼女と家族に添うと思うのよ。

売れっ子脚本家なのに、小説家に転身したいとか、
パリに住みたいとか、

その段階で、もう彼女のことは想ってないよね。

言い訳としか思えない。
離れる理由を探してたのかな。


真夜中の鐘とともに、あらわれるクラッシックカー。

乗りこむと、
1920年代にタイムスリップする。

アーティストたちが集い、
意見をかわし、いやー楽しそうなのよ。

そういう社交の場が、
さらに才能に拍車をかけるんだろうね。


ギルがあこがれていた”黄金時代”なわけですが、
その時代を生きてた人にも”黄金時代”と呼ぶ過去があり、

今への不満を、過去へのあこがれで解消していく。


あの頃はよかった。。。 って思うことある?

あたしは過去に興味がないからなー。

自分の過去にさえ、戻りたい時がないし。
歴史も、負ばっかりに目がいっちゃう。


人生に if はないのだ。



|

« 青空って | トップページ | メン・イン・ブラック3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空って | トップページ | メン・イン・ブラック3 »