« 六国見山 | トップページ | 厄日 »

あとのこと

Dsc05888

今年は、季節の深まるスピードが早いですね。
秋が来たと思ったら、もう寒いですもん。
週末にオイルヒーター出しましたよ。

時間の流れも、今年はなんだかとても早くて、
ついさっき春だったような気がするのに、
もう年末が近づいてきちゃった。

うっかりしてると、一年一年あっという間で、
すぐに年をとっちゃいそう。


昨日の夜中、
トーマスくんとさんぽしながら、

あとのことを考えてました。

死んだあとのこと。

あの世の話じゃなくて、
親の死んだあとに残る、ちゃむさんのことね。

まぁ、いつも繰り返し考えてるんですけどね。

障害児・者の親にとっては、
避けて通れない課題です。

子どもよりも一日も長く生きたい、とか、
みんなよく言うんですよ。よく聞くでしょ?

なかなかムリな希望だけどね。


グループホームに入れるのかな。

ちっちゃな家よりも、大きな施設がいいな。

人がいっぱいいて、
介助の人も、障害の人も、
みんなみんな、にぎやかなところがいいな。


さみしいのと、痛いのはイヤだよ。

ひとりぼっちにしないでね。
虐待もしないでね。


笑ってくれる人が、いつもそばにいるといいな。

お仕事スマイルでもいいからさ。


兄弟も、従兄弟さえもいないので、
たとえば何か書類にサインが必要なときとか、

後見人は、どうすればいいんだろ?

弁護士さんとか頼んでおくのかな。
委託できるNPOとかもありそうだけどね。


そんなことを、ずっとずっと考えながら、
年をとるんだなー。

|

« 六国見山 | トップページ | 厄日 »

障害者福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六国見山 | トップページ | 厄日 »