« そういえば今日は・・・ | トップページ | のぼうの城 »

恋しい気持ち

Fireplace_2

キュンってしてます。
恋しい気持ち。

あたたかさも、香りも、音も。
ぜーんぶ恋しい。

暖炉が、ね。
暖炉の火が、ね。


急に寒くなって、
暖炉の火が恋しい季節となりました。

写真は、清泉寮新館洋室の暖炉。
お気に入りの暖炉です。

年末まで、週末は満室で、
今年はもうあきらめてたんですが、

昨日の夜、
ぽっと一部屋空きが出て、

ダンナが仕留めました。おみごと。

来月中旬、
八ヶ岳の麓、森の中の部屋で、
暖炉の火を眺めながらぼんやりする予定。

まぁ、火のお世話ってけっこう忙しいんだけどね。


暖炉って、ほんといい。
しつこいほど、繰り返し書いてますが。


実際に暖炉のある部屋で過ごしたのは、
カナダのジャスパーのロッジが最初だったかな?

日本では、
暖炉のある部屋に泊まれるところって少ないよね。

山の中に別荘を持ってる人は、
付けてる人もけっこういるみたいですが。

子どものころから、あこがれでした。


憧れるきっかけが、
何だったのか考えてみると、

祖父が設計して戦時中に手放した、
田園調布の家に暖炉があった、っていう話からだと思う。

今の実家を設計した時にも、暖炉を付けたかったって、
祖父が繰り返し話してたし。

実際、実家のリビングには、
暖炉用のつもりだったんだろうなーっていう石組みの壁もあり。


暖炉への恋しい気持ちは、
きっと祖父から譲り受けたものなのでしょう。

暖炉LOVEよ。

|

« そういえば今日は・・・ | トップページ | のぼうの城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そういえば今日は・・・ | トップページ | のぼうの城 »