« bachelorette あの子が結婚するなんて! | トップページ | WAITING FOR "SUPERMAN" »

アルゴ

Argo

日本では昨年の秋に公開されましたが、
アカデミー賞作品賞受賞で、再上映になりました。

見たい!と思いつつ、
見逃しちゃってた作品だったので、うれしい!

DVDもまもなく発売なんだけど、
やっぱり映画は映画館で見なくちゃねー。


ゼロ・ダーク・サーティーと同じく、CIAが大活躍。
ストーリーは、実話ベース。

ベースという以上に、

キャストは、本人たちにそっくりだし、
ニュース映像と重なる再現シーンもたくさんあります。


舞台は、1979年にイランで起こった、
アメリカ大使館の人質事件。

おこちゃまだった時代なので、事件は記憶にはなく、
イラン革命の知識さえも乏しい。


なにより驚いたのは、
カナダ大使ご夫妻の勇気。

自分たちも最後には脱出するんだけど、
6人をかくまうことのリスクを考えたらゾッとする。


6人は、外交官。
2組の夫婦と男性2人。

なぜ夫婦で同じ職場?と思ったら、
人材不足で妻を秘書として雇ってたらしい。


もっともらしい映画企画、
ハリウッドを巻き込む大作戦。

これが事実だっていうんだから、
「失敗したら笑い者だ!!」って、ホントだよ ┐(´-`)┌

ありえないような設定でも、
成功して生還できたからこそ、こうして語られる。


追われながらも飛行機が離陸する瞬間。
そして、領空を出たときの安堵。

それまでの緊張感が、するするとほどける。


この映画のそとの話になっちゃいますが、

カナダがらみの脱出劇のうらで、
大使館で人質になったままのほかの外交員や海兵隊員は52人。

解放されたのは、大使館の占拠から444日後、
6人の脱出からほぼ1年後だったらしい。

アメリカの軍事力による作戦は失敗して Σ( ̄□ ̄;)

結局、イラン側の要求だった元国王の引き渡しが、
元国王が国外で死去して、うやむやになったから、とか。


今年のアカデミー賞では、

ベン・アフレックが、
監督賞にノミネートされなかったことで話題に。

ごめんねー♪ という気持ちを込めて、
アカデミーは、作品賞を贈ったのではないかと思ふ。

あたしとしては、
作品賞は、ゼロ・ダーク・サーティ。

|

« bachelorette あの子が結婚するなんて! | トップページ | WAITING FOR "SUPERMAN" »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« bachelorette あの子が結婚するなんて! | トップページ | WAITING FOR "SUPERMAN" »