« 海街diary | トップページ | 華麗なるギャツビー »

揉めたがる人たち

Key

たとえば誰かのツイートに、
群がって批判を浴びせたりする。

ブログにひどいコメントして、
炎上させたりする。

感情的になったり、
一方的な解釈だったり、

的外れなものがほとんどだ。


反対意見を持つのは、悪いことじゃない。
どう考えようが、個人の勝手。

だけどさ、

なんでわざわざ揉めたがるの?

なんでもかんでも揉めたがる人が多すぎない?

思ったことは、何でもことばにしていいの?
それって暴力なんだよ?

ムチ打ってるようなものなんだよ。
そのムチ、必要?


あなたのためだから、っていうおせっかい。

あなたのため、ってウソじゃん。
自分のためじゃん。自己満足じゃん。

自己満足のためなら、
誰をどう攻撃してもいいの?


いろんなメディアだけじゃなく、
個人もみーんな、トゲトゲしてるんだよ。

悪口ばっかり。
批判ばっかり。

オトナがそんなことしてるから、
いじめはなくならないし、世の中よくならない。


発信者は、誰かの意見を求めてる?
あなたの意見は必要ない。

どこもかしこも、討論の場にしないでよ。

発信者は、発信することに意味を持ちたいわけだし、
発信者の発信する場は、発信者のものでしょ。


誰かの正義は、必ず誰かを傷つける。

無意味な衝突に、何を求めてるの?

必要なのは、衝突じゃないでしょ?

理解しあうこと、
譲歩しあうこと、
わかちあうこと。


無意味な衝突は、もうたくさん。


それぞれが、
ちょこっと考えて行動するようにするだけで、

世界はやわらかくまあるいものになる。

|

« 海街diary | トップページ | 華麗なるギャツビー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海街diary | トップページ | 華麗なるギャツビー »