« はたらきたい展。 | トップページ | やる気 »

箱入り息子の恋

Hakoirimusuko

めんどくさいんだよ。
誰とも関わりたくない。

出世なんて興味ないんだ。
仕事なんてとりあえずお金がもらえればいい。

ずっとひとりでいたいんだ。
老後のお金はちゃんと貯めてるし。

部屋にこもって、ゲーム三昧。
話し相手は、飼ってるカエル。

・・・という、息子35歳。

あちこちに、いますよね、こういう男子。


運命の出会いは、雨の日に。


彼女いない歴35年の息子が恋したのは、
全盲のお嬢様でした。


今井家、天雫家、
どっちも父母が豪華です。

黒木さんがいいお母さんの役って、
ちょっと意外だった。

意地悪で神経質なママってイメージがあって。


それにしても、
親同士がお見合いなんですね。

なんだよそれ ┐(´-`)┌ って笑う人、
多いだろうけど、

よくよく考えたら、
昔は結婚なんて親同士が決めるものだったし、

結婚しない人が増えてる今、
もっとやったほうがいいのかも。

出会いのひとつとして、
必要なのかも。

親が踏み込まないもんね。
個人の尊重、という名のほったらかしだな。


箱入り息子とタイトルしつつ、
箱入りは息子だけじゃなく、娘もで。

娘は事情が事情なので、
お父さんの気持ちは、そりゃそうだ。

生きていくためには、
生涯、支えてくれる人が必要。

不憫だ、っていうお父さんの気持ちに対して、
息子がガツンと反論できたのは、

痛みを知ってるから。

そういう痛みは、
障害だけに限らない、ということなのね。


そりゃ不憫かもしれないけどさ、
そういう扱い方しちゃうのって、失礼な話だよ。

変えられないもので判断、同情するなんて、
差別と同じじゃん。


天雫家のパパママも、

障害児のママが口にするようなこと言ってたよ。
親亡き後の心配、ね。

引きこもったってさ、
ひとりで生きて行けるのよ、どう考えても。

端から見たらそうでも、
親にしてみたら心配なのは同じなのか。

なんだかなぁ。


でも、あの親が踏み込んだからこそ、
ふたりは再開できたわけだし、

親子の絆もゲームで生まれたしw


今年は、ほとんど邦画を見てなくて、
この作品もノーチェックだったのですが、

星野源くんかー、
ほんわかコメディっぽいから、癒されに行こう♪

ぐらいの気持ちでみたんですよ。


いやー、
よかったよ、源くん。

まわりと関わりたくない気持ちも、
ほんとの気持ちとの葛藤も、共感する人、多いだろうな。

ココロは、めちゃめちゃ男前だった。


源くん、
もちろんよかったんだけど、

家族の葛藤、本人の葛藤、
恋をしちゃった人の葛藤、その家族の葛藤、

予想外に、障害者と家族の物語でした。


恋する気持ち、キラキラでまぶしかった〜♪


これ、サントラ。
音楽は、高田漣なんですけどね。

高田漣って、高田渡さんの息子じゃん!!

さっき知った。
常識?知らなかったのあたしだけ??

なんで今まで気づかなかったんだろ。。。

|

« はたらきたい展。 | トップページ | やる気 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はたらきたい展。 | トップページ | やる気 »