« 富士山・世界遺産へ | トップページ | ゆるりと生きる方向性 »

水無月の終わるころ

2013062301

色づき始めが早かった紫陽花。
うちの近所は、あちこちもう終わりです。

褪せはじめると、
ちょっと悲しい色に見えるね。


気づけば6月も終わりに近づいて、
すでに7月のカレンダーも埋まりつつあって。

6月が終わると、
夏休みまであっという間。

沖縄、早く行きたいよぅ。


さて、紫陽花といえば鎌倉。
昨日のアド街も、北鎌倉でした。

見ました?

どうよ、あれ。

うーん、
なんだかもったいないランキングで。

たぶん、
もう何度も鎌倉は取り上げられてて、

繰り返し紹介されるところと、
新しいお店などを組み合わせてるんだろうけど、

全体的に魅力が伝わってこない構成でした。

うーん、
もっといいところいっぱいなのにぃ。

せっかくゲストのはなさんが、
水月観音の話をしたのに、

映像なし、さみしー。
めちゃめちゃ素敵な観音さまなのに。。。

まぁ、あんまり魅力的に映りすぎても、
大混雑がさらにさらに大混雑になっちゃうので、

ほどほどでもいいんですけどね。

水無月の終わるころには、
落ち着きを取り戻すことでしょう。


2013062302

今日は朝からフルーツサンド作り。

この前の「グレーテルのかまど」が、
食堂かたつむりのフルーツサンド、だったので。

小説に出てくるのは、
こういうサンドイッチじゃないんだけどね。

やっぱりキウイとイチゴは必要だったなー。
色あいがさみしー。

パン8枚切りじゃ厚かった。
サンドイッチ用にすればよかったなー。

ふつうに美味しかったのですが、
もうひと味、欲しい感じも。

まぁ、なんでもそうですが、
きっと誰かに作ってもらったほうが美味しいんです。

自分で作ったもの、っていうのは、
作る段階の自己満足で完結してるからね。

どこかへ食べに行こうかな。
タカノフルーツパーラーとか?
イノダコーヒのサンドイッチメニューにもあったかも。


グレーテルのかまど、いいですよね。
その前の海街diaryもコミック買って読んじゃったし。

次回は、赤毛のアンのチェリーパイだそうです。


|

« 富士山・世界遺産へ | トップページ | ゆるりと生きる方向性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山・世界遺産へ | トップページ | ゆるりと生きる方向性 »