« おまかせ!フォトブック | トップページ | アーチフィッターLOVE »

真夏の方程式

Galileo

殺害した人も、
殺害された人も、

どっちも悪人じゃないんです。

父親が、
ただ、娘を守りたかった。

だから切ない。

やりきれない想いが重いのです。

物語が終わったあとに続く、
少年の葛藤も含めて。


映画・ガリレオ第二弾。

容疑者Xの献身で感じた、救いのない切なさよりは、
まだ報われるような気がするのは、

美しい海が背景だったからかな。


終わったばかりのドラマシリーズ第二弾が、
かなーり残念な感じで、

聖女の救済については、ここでも書いちゃったぐらい、
ざんねーんな仕上がりだったので、

不安だったこの作品。

見てよかったです。
ものすごく美しく描けてます。

柴咲か吉高かなんて、どうでもいいです。

原作を読んでるので、
ストーリー展開がわかっていても、

充分に楽しめる、感動できる作品になってました。
よかった。。。


それぞれが、秘密として心にとどめずに、
打ち明けることができていたら、

せめて家族のなかで、
秘密が共有できていたら、

もうちょっとだけ、
元刑事の話しを聞いていたら、

悲しい事件は起こらなかったし、
娘と父親は、心を通わせる最期を迎えられてた。

まぁ、
聞いてないから、作品になるわけですが^^;


誰だって、ひとつやふたつ、
人に話せない、話したくない秘密はあるでしょ?

秘密がダメとは思わないけど、

こういう行き違い、
思い違いが、

人間関係をダメにしてるパターンって、
けっこうあるだろうな。


まぁ、それも含めて、
人間ってめんどうだけど、おもしろいのかも。


あの少年の、
この夏の記憶として残るできごとが、

おじさんとの花火じゃなく、
湯川先生とのロケットでありますように。


|

« おまかせ!フォトブック | トップページ | アーチフィッターLOVE »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おまかせ!フォトブック | トップページ | アーチフィッターLOVE »