« マローブルー | トップページ | 国際福祉機器展 »

マン・オブ・スティール

Manofsteel

ヒーロー誕生のひみつ。

・・・的な作品が流行ってるそうですよ。

モンスターズ・ユニバーシティもそうだったし、
えーっとほかにもあったよね。なんだっけ?

バットマンにしても、X-メンにしても、
シリーズものでは、よくあることだけどね。


スーパーマンって、
クリストファー・リーヴの古いのしかみたことなくて。

正直、かっこいいイメージがなく。。。

だってさ、


青タイツに、
赤パンツだよ?

それって、笑うとこじゃないのか?

今、リブートするなら、

きっとかっこいいはず!
かっこよくなってるはず!

クリストファー・ノーラン製作だし、
きっと大丈夫!

そう思って、観てきました。


いや、確かにかっこいい。
あの格好になる前のほうがかっこいい。

確かにスーツはおしゃれになってるし、
赤パンツじゃなくなってるし、
青も青じゃなくなってるし、
渋めなカラーでいい感じ。

でもやっぱりマントで、
あのフォームで飛ぶんだね。

うーん。うーん。


ロイス・レインが、エイミー・アダムスって、
歳とり過ぎでしょ。。。


育ての両親が、ケビン・コスナーとダイアン・レイン。
本当のパパは、ラッセル・クロウ。

なんとも豪華な親たち。

ケビン・コスナー最期のシーンには思わず涙・・・
あああ、父の愛って偉大。


人間は、大きな力を繰り返し宇宙に求める。

自分が存在することへの苦悩。
終わらない苦悩。

異端者が異端者であり続けること。
ヒーローがヒーローであり続けること。

どっちも同じことなのです。

どんな立場であっても、
マイノリティーであることに変わりはなく。


続編、決定してるそうですよ。

バットマンといっしょ、らしいんだけど、
ベン・アフレックだよね ┐(´-`)┌

まぁ、ダークナイト ライジングが好き系だったので、
みちゃうかも、だけど。


ベン・アフレックといえば、
今週末、アルゴをwowowでやりますよ。

緊張するのよねぇ。あれ。
実話ベースなので、ぜひみてね。


それにしても、
アメリカのヒーローってみんな、街を壊し過ぎだよねぇ。

倒壊するビルたちがリアルすぎて、
これみれない人けっこういるだろうなーと思った。

9・11過ぎたばっかりだよ。

|

« マローブルー | トップページ | 国際福祉機器展 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マローブルー | トップページ | 国際福祉機器展 »