« 今井浜へ行ってきました | トップページ | さっぱり »

大統領の料理人

Chef

フランス映画が続きます。

大統領の料理人から、南極料理人へ。
どちらも女性のシェフが?!

南極から始まるんですよ。
え?って思っちゃった。

予告に出てこなくて、
知らなかったのでビックリ。

どちらも厳しい場所だけど、
そこで魅了するお料理を作っちゃう、すごい人。

とにかく、かっこいい!!


登場するお料理が、
もう、美味しそうで美味しそうで。

ポルチーニとスクランブルエッグ、
サーモンのファルシ、パイ包み、
トリュフのタルティーヌ、サントノレ。。。

お腹すいてるときに見に行ったら、
絶対にだめ!

お昼食べてから行ってよかった。


葛藤や限界にも打ち当たるけど、
ぶつかっていく様子は爽快。

ムリにその場に留まらず、
新しい挑戦を続ける姿も、美しい。

誰のために作るのか。
その目的が大きいもんねー。

受け入れられて、愛されるだけの才能もある。

敵もいるけど、
ちゃんと味方ができるだけの、人格もある。

彼女の魅力、そのものが、
美味しさへとつながっている。

とにかく、かっこよかった!

でもなんだか、

美味しそう!と、
すごいなぁーで終わっちゃったけど^^;


それにしても、
フランス語ってむずかしいね〜

何を聞いたら、
すんなり耳に入ってくるようになる?

ちょっとでも聞けるようになりたい、と、
フランス映画を見るたびに思う。

|

« 今井浜へ行ってきました | トップページ | さっぱり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今井浜へ行ってきました | トップページ | さっぱり »