« じぶんのからだ | トップページ | 14歳になりました »

グランド・イリュージョン

Grandillusion

原題は、「Now You See Me」 なんですよ、
これが意味のある言葉で。

マジシャンの決め台詞なんですって。

グランド・イリュージョン って、
なんだか大雑把なタイトルにしちゃうから、もぅ。

イリュージョン、って言葉がね。
マジック、マジシャン、ってしておかないと。


マジックって、魔術、
マジシャンって、魔術師、って置き換えると、

エンターテイメントを超えて、
なんだかおどろおどろしいものに思えてきちゃう。

まるで魔術。

魔術による秘密結社みたいなところに
マジシャンたちが招待されるところからスタート。

でも、それには大きな裏があって・・・


銀行、保険会社、金庫メーカー。

マジシャンと、
マジックのネタを暴こうとする者。

復讐劇です。

そう感じさせない雰囲気で、
ストーリーは進むんだけどね。


お金バラマキまくりで、
勢いのあるシーンがいっぱい。

見応えあります。

いろいろトリックなんて考えないで、
すんなりだまされて、いっしょに盛り上がっちゃいましょ。


ジェシー・アイゼンバーグ、また早口の役。
もぅ、ぜんぜん何いってるかわかんないぞ。

っていうか、彼は本当に早口なのかも?

インターポールの捜査官、
彼女、どこかで見たことがあると思ったら、
Beginners でフランス人の彼女役だった。


どんでん返しすぎるほどの、どんでん返しです。

えー?! それでいいのか?? ってぐらい。

追いかけっこ、
追うほうも追われるほうも、だよ。

メインだと思ってた、4人のマジシャンたちが、
あれれ〜? って影が薄くなります。


で、

結局「アイ」はあったの?
それも仕組まれたことのひとつ??


|

« じぶんのからだ | トップページ | 14歳になりました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じぶんのからだ | トップページ | 14歳になりました »