« ありがとう!元気でね | トップページ | 野毛山動物園 »

ゴースト・エージェント R.I.P.D.

Ripd

軽くて、どうでもいい感じで、
どっかんどっかんで、すっきりするヤツ。

そんな映画が見たいときってありませんか?

あたしはあります。

見終わってから、
いろいろ考えさせられちゃうのは、

ちょっと疲れるなぁー、ってとき。

ちょうどいいのがありました。


原作は「R.I.P.D.」というコミックらしいです。

R.I.P.D.とは、
Rest In Peace Departmentの略。

安らかに眠らせる警察、です。


MIBのゴースト版だな。
ほとんど、そのままな感じです。


MIBはエイリアンでしょ?
エイリアンじゃなくて、悪霊なのよ。

死んでもなお俗世に留まると
悪霊になっちゃうんだけど、

悪霊さんたちは、
人間のふりをして暮らしてるのです。

そんな悪霊たちを逮捕して、
刑務所(地獄?煉獄?)へ入れるのね。


R.I.P.D.のメンバーは、
みんな優秀な元警官なんですって。

でもさ、
ロイもニックも、相棒に殺されたって、

警察ってどんな組織だ??

まぁ、悪霊だったんだけどね。


金塊タワーが、ちょっとしょぼかった。
もうちょっと大きいのがよかったな。


メアリー=ルイーズ・パーカー、いいね。
次のREDにもまた出るみたいなので、楽しみ。


評価も興行的にも、大失敗らしいです。

でもいいの。

なんとなくみるには、
ほんとちょうどいい作品でした。


|

« ありがとう!元気でね | トップページ | 野毛山動物園 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありがとう!元気でね | トップページ | 野毛山動物園 »