« 14歳になりました | トップページ | 課題 »

42 〜世界を変えた男〜

42

印象的なシーンだった。

黒人選手に、
人種差別的なヤジを飛ばす父親。

子どもは戸惑いながらも、
父親と同じように黒人選手にヤジを飛ばし始める。


子どもは親の目を通して、世の中を見てる。

親として、その行動は正しい?
子として、その判断は正しい?

自分の目で見るチカラ、
自分の頭で考えるチカラ。

それを養うには、どうしたらいい?


予告編、見ましたか?

イチロー選手が、
背番号42番をつけることの意味。

なんとなく見てたんです。

大リーグ、全球団の永久欠番42。

選手全員がその42番をつける日があって、
全員だから、大リーグの一員としてイチロー選手もつけてる、

当たり前のことのように見てた。

そうじゃないよね。

イチロー選手が大リーグでプレーできるのは、
42番の存在があったからこそ。

同じ、有色人種の選手なんだってこと、
ついつい忘れてた。


強い夢や希望を持つきっかけは、
厳しい現実があったからこそ。

そのパワーこそが、
さらなる現実を生み出す可能性を持つ。

逆境こそチカラなり。

それをどう活かすか。
やりかえさない勇気が、それそのもの。


見てるほうは、ツライです。

ひどいこと、言われまくりで。

ほんとにもぅ、
あの監督なんて、あたしが殴ってやりたいぐらいで。

あの監督もね、代々の親の目から、
世の中を植え付けられて、たぶんそうなってるんだけどね。

自分の目で見て、
自分の頭で考えることができたチームメイトたちが、

少しずつ味方になっていく。

差別や偏見も、
同じように少しずつ味方を増やしていくしかないんだなー。


そのために、ツライ時間をやりすごして、
やりかえさない勇気を持ち続けるんだけど、

実現できた彼は、

ジャッキー・ロビンソンは、
ブランチ・リッキーは、

やっぱり神に選ばれた人だったのかも。


ブランチ・リッキーが、
繰り返し聖書のことばを引用し、ジャッキーもそれに導かれる。

じぶんの信じる大きな柱を持ってる人は、
やっぱり強いんだ。


差別するココロは、
残念ながら誰もが持っている。

人種に限らず、
性別、障害、性格、思想、血液型だってそう。

理由は、ほんとうは相手にはないの。

自分のなかにあるんだよ。

相手を傷つけることでしか、
自分を守れない、自分を正当化できない、弱さ。

異なるものを受け入れることへの恐怖。

そんなにすぐに、強くなれるもんじゃない。

それぞれが自分の弱さに気づくだけでも、
世の中、ずいぶん変わるよね。

|

« 14歳になりました | トップページ | 課題 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14歳になりました | トップページ | 課題 »