« 夢でよかった… | トップページ | あさになったのでまどをあけますよ »

ヨコハマ物語

Yokohamamonogatari

ものすごーく地域限定作品。
劇場公開も、いまは桜木町だけ。

あと東京でちょこっとと、
県内ちょびっとだけみたいです。


仕事を定年して、妻を亡くした男性が、
シェアハウスを通じて、

家と家族について考えるストーリー。

家ってなんだろう。
考えたことありますか?

そこは、帰りたい場所ですか?


テーマもストーリーも、
とってもいいと思ったのですが、

舞台が、
ヨコハマである必要がないんです。

途中で、無理矢理に、
山手やみなとみらいや中華街が出てきて、
観光案内を入れてる感じの映像になっちゃってて。

地元企業ってことで、日産バンバンで、
マリノスの中澤とか、チェアマンの大東さんとか出てきちゃって。

でも、感じた風は湘南だったよ。
最後がサーフィンだもん。

あと、
夏なのよ、撮影が。

蝉がみんみん鳴いてて。
それを今みるのは厳しいよね。


そもそも、シェアハウスがね、
山手にあるっぽい立地なんだけど、

築40年ぐらいの一軒家で、
ダイニング以外は和室で縁側があって、
芝の専門家らしく広い芝生の庭があって、

まったく山手っぽくなーい。
もう少し田舎へ引っ込まないとムリじゃない?

もうちょっと、山手っぽい設定にできたよね?
家とか、住む人とか。

あああ〜、もったいないよぅ。
せっかく、ヨコハマ物語なのに。


ただ、テーマはものすごくいいの。

家に集まる人って、
血のつながりだけじゃないんだよね。

っていうか、

助け合って生きる、とか、
人と人がわかりあおうとしても、

血が邪魔してることだってたくさんある。

血って、やっかいよ。
それもテーマに入ってます。

血じゃないんだよ、ってことなのね。

血縁から言ったら、ひとりぼっちでも、
ひとりぼっちじゃない選択はできるんですよ。


そういえば、昨日の夜中、
「恋愛だけじゃだめかしら?」って映画を観てたんです。

キャメロン・ディアスとマシュー・モリソンがカップルで、
おもしろそう〜って思って。

ひどいタイトルなんだけど、
いろんなカップルの妊娠&出産物語でした。

すべてが幸せな結末でないことも、リアルで。

家族をつくるのに、
養子制度が選択肢としてちゃんとあって、

ほんと血って関係ないんだなー、って。

血のつながった妊娠&出産よりも、
エチオピアの養子縁組シーンのほうが感動しちゃったし。


家族のかたちにこだわりすぎて、
不幸になってるケース、いっぱいあるんじゃないだろうか。

たとえば、介護だってそうだよ。

もっと、
いろんな選択肢があっていい。

多様性を、社会が認めなきゃね。


家の考え方。
なるほどなー。

あなたの家はどんな家ですか?
血のつながりだけを集めた、ただの箱になってませんか?

つい箱にこだわっちゃうんだけどね、
ただの箱を維持することに意味はないんだよ。

そこに「いないことの理由」ってのもあるよね。
ほんとうに帰りたい場所になってるか、っていうのもある。


シェアハウスのオーナー、
おじさん、ってみんなから呼ばれてるんだけど、

ちょっと前にほぼ日で話題になってた、
用務員のおじさんを思い出した。

教育・管理する立場、
先生とか親とかではなく、

関係のない立場だからこそ、
心地いい距離感で寄り添える人って、魅力的だ。

いまの社会に必要なのは、
専門機関じゃなくて、そういう人の存在なんだろうな。


実は、北乃きいさんが苦手です。

主役だからさ、
慣れるまで違和感と戦うのがタイヘンだった・・・

乱暴な言葉遣いが似合わないんだよなー。


|

« 夢でよかった… | トップページ | あさになったのでまどをあけますよ »

ヨコハマ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢でよかった… | トップページ | あさになったのでまどをあけますよ »