« 落ち葉の山 | トップページ | 2013年のまとめ »

2013年にみた映画

Movie2013

さて、今年も振り返ります。

今年みた映画。

まずは、シアターで見た作品のみ、
つらつらとリストアップします。

・武士の献立
・ゼロ・グラビティ
・シネマ歌舞伎春興鏡獅子
・REDリターンズ
・キャプテン・フィリップス
・かぐや姫の物語
・すべては君に逢えたから
・ヨコハマ物語
・スティーブ・ジョブズ
・清須会議
・恋するリベラーチェ
・42 〜世界を変えた男〜
・グランド・イリュージョン
・ゴースト・エージェント R.I.P.D.
・ダイアナ
・そして父になる
・逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者
・マン・オブ・スティール
・大統領の料理人
・タイピスト!
・モンスターズ・ユニバーシティ
・31年目の夫婦げんか
・少年H
・終戦のエンペラー
・風立ちぬ
・真夏の方程式
・華麗なるギャツビー
・箱入り息子の恋
・セレステ∞ジェシー
・ビル・カニンガム&ニューヨーク
・モネ・ゲーム
・リンカーン
・アイアンマン3
・カルテット!人生のオペラハウス
・舟を編む
・ヒッチコック
・ザ・マスター
・フライト
・遺体 明日への十日間
・アルゴ
・bachelorette あの子が結婚するなんて!
・ゼロ・ダーク・サーティ
・世界にひとつのプレイブック
・ダイ・ハード ラスト・デイ
・ムーンライズ・キングダム
・マリーゴールド・ホテルで会いましょう
・アウトロー
・ted
・レ・ミゼラブル
・シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

以上、50本。
内訳は、洋画35本、邦画15本でした。

最高記録だわよ。みすぎー。
これでも、見逃した作品もあって。

レミゼは昨年もみてて、2回目が入ってます。


このなかで、
あたし的ナンバーワンを選ぶなら・・・


Billcunninghamnewyork

「ビル・カニンガム&ニューヨーク」でございます。

ドキュメンタリーって、
ちょっとずるいかなぁ、と思ったのですが、

でもさ、
だってね、

これすごかったよ。

ファッションのフォトジャーナリスト、
その生き方に感動。

すごいおじいちゃんがいたもんだ・・・

そしていまも、
彼はニューヨークの街で撮ってます。

写真と記事は、
ニューヨーク・タイムズに掲載されてます。


正直なところ、
ほかにもびっくりしゃちゃうほどの大作がありました。

アルゴとか、
ゼロ・ダーク・サーティとか、
キャプテン・フィリップスとか、
ゼロ・グラビティもね。

ただ、どれかひとつといわれると、群は抜いてない。
どれもよかったです。

トム・ハンクスとサンドラ・ブロックは、
アカデミー賞にからんでくるでしょうね。楽しみ〜!


感動という意味では、
レミゼを超える作品はありませんでした。

今年も2回目みてるので、
今年もナンバーワンにレミゼを選んじゃいそうになったぐらい。

この年末、
wowowでレミゼを繰り返し放送してて、

チャンネル変えた途端に
最後のシーンがどーんと流れたりするんだけど、

もうそれだけで、
最後のワンシーンだけで泣ける。

ブルーレイも買ったんだけど、
心を揺さぶられすぎるので、ちゃんとみてないの。

だって、しんどいんだもん。
泣きすぎて。

この作品は、一生の宝物だわ。


|

« 落ち葉の山 | トップページ | 2013年のまとめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち葉の山 | トップページ | 2013年のまとめ »