« 節分 | トップページ | 車中より »

【映画】ウルフ・オブ・ウォールストリート

Wolfofwallstreet

ものすごーくシュールよ。

でも、実話ベースなのよ。
原作は、ジョーダン・ベルフォート本人の回顧録。

おまけに、
ご本人がワンシーンだけ登場します。

英語版Wikipediaにご本人の写真が出てるので、
顔を覚えてチェックしてみてねー。


話術ですよ。
すべてが話術。

話術で稼ぐ。
その方法が株の売買手数料だった、ということで。

なんかねー、
頭が良すぎると、ああなるんじゃないかしら。


すべてに中毒。
アルコール、ドラッグ、セックス、お金、

そして仕事にも。

ここも話術。
話術で、社員たちも客もトランス状態にもっていく。

そして、稼ぐ、稼ぐ、稼ぐ。

稼いだら、会社でもどこでも、
トコトンどんちゃん騒ぎ。 って死語っぽいけど。

もう、めちゃめちゃです。
死んでないのが不思議。殺してないのも不思議。


レオナルド・ディカプリオ、
GB賞コメディ/ミュージカル部門で男優賞を獲りました。

アカデミー賞もノミネートされてますが、うーん、どうかな。
これで共演してるマシュー・マコノヒーに持って行かれちゃいそう。


こんなレオさま、見たくないわ〜 (>_<) なんて、
日本のファンたちは言うのかしら。

あたしは、キャーキャー言われてたころの
甘いレオさま♡がキライなので、いまいい感じです。


大作、3時間。
みる前は、うわー長いなぁ、大丈夫かなぁ、って思ってたけど、

あっという間でした。
ほんと、びっくりするぐらい。

あれ、もう3時間経ったの?? って思った。


R18+指定で、
ひどいシーンばっかりだし、
ひどいセリフばっかりだし、

レディの多くは、
いやーんっ! 見たくない! って言いそうですが、

不謹慎すぎて、おもしろかったです〜♪

キレイごとばっかりでまとめるより、
ずっと人間らしい。


|

« 節分 | トップページ | 車中より »

映画・テレビ」カテゴリの記事