« さくらさくら | トップページ | 早くも満開! »

ハウスワイフ2.0

Housewife

今日、読んだ本。

ハウスワイフ2.0とは、
進化した、新しい専業主婦のスタイル、らしいのだが、

読んでいくうちに、
あれ? ん? ってところがいくつも。

これさ、原題が、
「Homeward Bound:
Why Women Are Embracing the New Domesticity」
なのですよ。

なんだかちょっと、論点がずれてるような。
情報操作なのかな。



専業主婦のイメージって、
かなりマスコミに作られたものが大きいような。

それに惑わされてきましたよ、
子どものころからね。

作られたイメージを否定して、
そうはなりたくないと思ってきて、

女性の高学歴化と社会進出が盛んになり、
歪みで苦しんでる。

この本は、アメリカのケースなので、
日本の現状とは、またちょっと違うんだろうけど。

でも憧れてたのは、
映画「ワーキングガール」だったからな〜♪

でもでも、現実はいま、
こうして家にいますよ。仕事はしてるけどね。


多様性を認め合えばいいだけの話しで。

オーガニックにこだわって、
手づくり大好きで、そういう人がいてもいい。

家事が苦手で、
仕事のできるママがいたっていい。


女性はこうあるべき、っていう視点を
ふりかざしてるのって、

残念ながら、女性同士であるケースが多い。

こうあるべき、
これが正しい、
いまはこういう時代だ、

そんなもの、みーんなまぼろしだからね。
ほとんどがマーケティングだから。


世の中の情報に流されず、
判断して、考えて、自分を決めるってたいへん。

横並びじゃなくって、
自分で考えて、選んで、

一歩前に出たり、
一歩下がったりしてもいいってことを、

子どものころから、学んだほうがいいよね。


あと、他人を尊重すること。
自分の価値観だけで、簡単に否定しないこと。

最後のところにも書かれてたけど、
自己のためだけじゃなく、社会のためになる判断をすること。

反省もこめて。


|

« さくらさくら | トップページ | 早くも満開! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事