« Happy Easter! | トップページ | 記憶の沼池 »

Way of St. James

Camino

ちょっと前の新聞の夕刊に、
サンディアゴ・デ・コンポステーラの記事が。

ふとあわせた映画チャンネルでは、
「星の旅人たち」をやってた。

Way of St. Jamesに呼ばれてる気がして、
巡礼をした人の本を2冊読んだ。



世界遺産、
サンディアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。

フランス語では、
Chemin de Saint-Jacques-de-Compostelle、
スペイン語では、
El Camino de Santiago。

聖ヤコブの墓所まで続く、
ヨーロッパ各地からの歴史ある巡礼の道。

カトリック版、お遍路さんみたいなものかな。

いや、
こっちのほうがお遍路さんより歴史があると思うけど。


ここを歩くのも、夢だったんだよなー。


夢は、なんでも、
歩くことにつながってた。

あの街を歩きたい。
あの山を歩きたい。

歩かないと、見られないもの、
感じられないものがたくさんある。

それが、本物に触れるっていうことなんだと思う。


たとえばさ、

ディズニーランドとか、ディズニーシーの
お城とかヨーロッパ風の街並みはきれいだけど、

それはフェイクなんだよ。

水族館の大きな水槽とか、
色とりどりの魚はきれいだけど、

それはフェイクなんだよ。


|

« Happy Easter! | トップページ | 記憶の沼池 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事