« 中継ぎ | トップページ | The Little Paris Kitchen »

【映画】プリズナーズ

Prisoners

ヒュー・ジャックマンが娘を誘拐された父親、
ジェイク・ギレンホールが犯人を追う担当刑事。

娘を助けようと、奔走する父の物語。

確かにそうなんだけど、
それだけじゃなかった。

それもね、
日本人には、解釈がめちゃめちゃ難しい。

これ、少女誘拐事件がメインのようで、
どうやら、そうじゃないのです。

対決してるのは、
誘拐犯と父、じゃない。

それぞれが、信じているものの対立だった。


冒頭から、
繰り返される、主の祈り。

 天にましますわれらの父よ、
 願わくは御名の尊まれんことを、
 御国の来たらんことを、
 御旨の天に行わるる如く
 地にも行われんことを。
 われらの日用の糧を
 今日われらに与え給え。
 われらが人に赦す如く、
 われらの罪を赦し給え。
 われらを試みに引き給わざれ、
 われらを悪より救い給え。

これ、いまは使われてない文語訳の祈り。

でも子どものころから、
この訳のお祈りに親しんできたので、

現代語訳がさっぱり覚えられないよ ┐(´-`)┌


この主の祈りを、
ヒュー・ジャックマン演じる父親が、繰り返し唱えるのです。

日々の暮らしのなかでも、
精神的にギリギリの葛藤のときも。

祈りの言葉のなかに、すべてが集約されてる。


さらにね、Preppers なのですね。

Preppersって知ってますか?
知らなかったよ。いろいろ調べちゃったよ。

備える人、なんですって。
災害備蓄品みたいに、それも過剰に。

例えるなら、
ノアの箱舟が、世界の終末に備えるように?

Preppersっていう人々が、
アメリカには、数百万人いるんですって。

家の地下倉庫は、
さまざまな品物のストックが山盛りで、
さらにフレームインするガスマスクとか。

Preppersについて調べてたら、
ガスマスク出てきた!象徴的なんだろうか。


それに対するかたちで、

刑事さんの指にね、大きな指輪があって、
それも繰り返しフレームインするのです。

なんとなく目がいく、その指輪のデザインが、
定規とコンパスだった。

それって、フリーメイソンのシンボルだよね?

フリーメイソンって、
ダン・ブラウンの小説のなかぐらいでしか知らないよ。


キリスト者でPreppersの父親 対 フリーメイソンの刑事。


それが根底なんですってよ。
難しすぎる。。。

もう、娯楽として楽しむ範囲を超えちゃってるよね。


少女誘拐事件は、
ほんとにぐちゃぐちゃで、サスペンス度はかなりのもの。

ハッピーエンド? なのかなぁ。


|

« 中継ぎ | トップページ | The Little Paris Kitchen »

映画・テレビ」カテゴリの記事