« 映画化決定 | トップページ | うまっ♪ »

【映画】ディス/コネクト

Disconnect

一見、サスペンスのようで、
ヒューマンドラマの仕上がり。

ネット犯罪って、
誰もが加害者にも被害者にもなりえる。

ネット上でのいじめ。
個人情報詐欺。
ポルノサイト。

みんなさみしい。
抱きしめて欲しい人は、すぐそこにいるのに。


届かない想いの矛先が、ネット?


うーん、必ずしも、そうじゃない。
そういうケースもあったけど。


ネットって、
目的じゃなくて、あくまでも道具だよね。

その道具をどう使うか、
どう使われるか。

利用したり、利用されたり。


ネット犯罪、といいつつ、
問題の根本は、どれもネットに ない のだ。


何人か、子どもが出てきます。
加害者であり、被害者で。

ネット使えちゃう子どもを持つ親にとっては、
頭の痛い問題なんだろうなー。

とりあえず、親子でこの映画を見ればいいんじゃない?


ネットって、
ほんと、なんでもできちゃうし、調子に乗りやすい。

子どもは特に。

この作品でもそうだったけど、
エスカレートしやすいのよね。

なんでだろうね。

饒舌な人ほど調子にのる、っていうのといっしょか。


ネット社会が広がったことで、
助けられた人もいるし、可能性を見つけた人もいる。

その反面、失ったものも、たくさんある。

これって、ネットに限らず、

家電の進化とか、人間の進化とか、
たとえば電話やテレビが家庭に入ってきたときとか、

便利なものが登場するたびに、
同じことが起こってるはず。

繰り返しなんだよね。


っていうか、そもそも、つながりたい?


つながるとさ、失敗するんだよねー。
そもそも、人と交わる素質がないっていうか。

みんな、仲間になるの上手だよね。

あ、これはネットとは別の問題か。


|

« 映画化決定 | トップページ | うまっ♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事