« いちじく | トップページ | 自分に負けた »

夏の思い出は

Image

八月最後の日になりました。

夏の思い出は、
そろそろ引き出しにしまって。


八月最後の日といえば、
子どもたちは宿題に追われる日だったけど、

最近は9月1日が始業式の学校が減ってるようで、
慌ただしさは分散傾向。

まぁ、
ちゃむさんは宿題がなくなって久しいので、

子どもの宿題が(>_<) ってあわててるママたちを、
ちょっと羨ましく眺めてます。


自分のときはどうだったかなー、というと、
宿題に焦った覚えがないなー。

けっこう早めに済ませちゃう人だったかも。

ギリギリがきらいなの。
今もむかしも。無駄な心的疲労じゃん。


夏休みの宿題といえば、
自由課題で小説を書いたことがあったっけ。

中学生のとき、一年生だったかな。

父親と二人暮らしの少年が、
父親が死んじゃって、旅に出る話しだったと思う。

親が死ぬ話なんて!!って、
母親にひどく叱られたんだけど、

国語の先生はすごくほめてくれた。
ほめられ慣れてなかったから、すっごくうれしかったなー。

国語の宿題の作文だったか読書感想文だったかといっしょに、
作文コンクールに出してくれたんだよ。

結果は出なかったけどね。


そんなことを毎年思い出す、夏休みの終わりです。


この夏休みの思い出を、
作文に書いた子、たくさんいるんだろうな。

自由にたくさん書くといいよ。
見たことも、聞いたことも、感じたこともぜーんぶね。


|

« いちじく | トップページ | 自分に負けた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事