« 大さん橋さんぽ | トップページ | 笑う門には福来たる? »

週末に読んだ本

Img_2145

ちゃむさんが昨日までお休みだったので、
なんだか昨日まで週末だった気分。

週末に読んだ本、4冊。


まぼろしハワイ、
それでも猫は出かけていく、

すっかり読み終わってから、
ふたりが姉妹なことに気づいた。


ハルノ宵子さんの猫話、猫たちの生と死。

野戦病院ってたとえ、ほんとそのままだ。
どこまでも人間のエゴで。

猫ってば、猫ってば。。。
こんなに愛しい存在はないのに。

今朝は、
地域猫を3匹みかけたんだよ。
それだけでなんだか幸せな気分だった。


まぼろしハワイは、
ずーっと角田さん作品だと脳内変換されてた。

文章はどう見てもばななさんなのに。

なんでだろ?
だから姉妹だって気づかなかったんだけど。


知ろうとすること。

きちんと怖がるためには、
きちんと知らなきゃいけない。

早野先生のtweetは、あたしも途中から追ってました。

この人の話は信じられる、っていう見極めが難しい。
その判断も、自分の知が試される。


そして、東田さんの新刊です。

NHKのドキュメンタリーを見たあとだから、
彼の思考を受け入れられる、っていう面はあるかも。

言葉を紡ぎだす作業を、垣間みていないと、
やっぱり障害理解へはつながりにくい。

なんだかね、障害児教育の限界も感じつつ。

彼みたいに豊かな言葉を持っている子は、
もっともっとたくさんいると思うよ。


|

« 大さん橋さんぽ | トップページ | 笑う門には福来たる? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事