« 森林公園・梅 | トップページ | おさんぽ日和 »

【映画】繕い裁つ人

Tsukuroitatsu

やるべきこと、と、
やりたいこと。

守るべきもの、と、
新しく創り出すもの。

求められているものと、
求めているもの。


現実と夢の狭間から抜け出すために、
背中を押してくれる人はいるけれど、

最終的に一歩を踏み出すのは、
自分の選択とタイミングだ。


今週公開で、久しぶりに見たいと思った邦画2本の、
もう一本のほう。

理由は、
たまたま見かけたチラシが、素敵だったから。


原作は、コミックです。

とりあえず一巻だけ読んでみようと思ったら、
Kindle版が無料でした。らっきー♪

映画のなかの、
印象的なシーンとセリフのほとんどが、

この一巻からでした。


監督さん、しあわせのパン、のかたなんですね。

たしかに雰囲気は、ゆっくり流れてる時間とか空気とか、
そんな感じだけど、

もうちょっと、地に足がついてます。

食堂かたつむりとか、
かもめ食堂とか、めがね、にも似た、

女性の生き方が、しっかりと描かれてます。


とにかく、南洋裁店がステキ。

使われている洋館は、
兵庫県川西市にある郷土館、旧平賀邸だそうです。

郷土館の写真をあちこちで探して、
見比べてみたところ、

門などまわりは作ってるものの、
建物はそのまま。

仕事部屋の棚とかミシンまわりとか、
玄関のソファとか紅茶のテーブルとか、

お母さんがいてお団子食べる小あがりの和室とか、
家具類とドアなど建具は、かなり手を入れたようす。

市江さんがパジャマで歯みがきしてた
アンティークのシンプルな洗面台や、

寝起き姿を見られて、
ドタドタ上り下りしてた奥の階段、

入り口のロビー右手の大きな時計などは、
そのままあるみたいです。


市江さんは、煮詰まったら、
行きつけの喫茶店でチーズケーキを食べる。

ホールサイズで。まるごと。
オン、オフの切り替え、上手だわ。

あたしもやろう、ホール食い。←無理


あとね、
決心の模様替えが好きだなー。

大きな家具を動かして、
座る位置を変えると、

景色が変わるんだよね。

空気が動きだす。


ミシン、好きですか?
お裁縫、得意ですか?

あたしはまったくダメです。
ほぼ、学校の家庭科でしかやったことない。

授業のあいだも、とにかく苦痛で、

どうやって効率化して、
縫うところを減らすか、とか、
簡単に短時間で終わらせるか、とか、

そんなことばっかり考えてた。
その場をしのぐことばっかり考えてたの。


子どものころから、

お料理とか、お裁縫とか、
家庭科が得意です♪好きです♪ ってオンナは、

人生の負け組だと思ってた。

ファッションとか、メイクとか、
おしゃれに夢中になるとかも、そう。

女の人に当たり前に用意されたようなところで勝負したら、
終わりだって思ってたんだよねー。

女性として、
当たり前の素質も持ってないクセにね。


一生モノの洋服、持ってますか?

濁流のような情報化社会で、
次々と流行が作られては、すぐに廃れて、

ファストファッションの台頭が追い打ちをかけるように、
洋服に対する考え方が、随分変化しました。

安い価格で、
そこそこのものが買えて、

お金がなくたって、
凍えず温かい冬がすごせるのは、

ほんとうにありがたいことだけど。

大量生産、大量消費、低価格。
それが、ほんとうに正しいかって、難しいけど、

豊かさの価値観については、
もっともっと、考えなきゃいけないね。

そんなこと、考えちゃう段階で、
恵まれてるんだよ、って言われちゃいそうだけどね。


|

« 森林公園・梅 | トップページ | おさんぽ日和 »

映画・テレビ」カテゴリの記事