« 三渓園・梅 | トップページ | 天気がいいから丸洗い »

【映画】THE ALFEE 40th Anniversary Film THE LAST GENESIS ~40年の軌跡と奇跡~

Alfee40th

むかし好きだったあのひと。
いまはどうしているかしら。

そんな気持ちで劇場へ。


十代、二十代のときに夢中だったアーティストが、
還暦になりました。

還暦って、

先日亡くなった、
三津五郎さんより年上なのよ。びっくり。


還暦の年に、デビュー40周年。
なんともメモリアルな年です。

そんな記念のドキュメンタリー。


すっかり新譜もライブもノータッチなので、
何やってるのかわからずにいたのですが、

さすがに40周年と還暦とで、
昨年は話題になることが多くて。

元気でなにより、って思ってました。


確かにね。
すごいことだよね。

バンドが40年も、

休止せず、解散せず、
メンバー変わらず、欠けることなく、

再結成とかじゃなく、60歳でもそのままで、
やり続けてるって。


映画は、
インタビューとライブ映像を中心に。

ほかアーティストの方からお祝いコメントがあったり、
声がでなくなっちゃったトラブルを追ったり。


ライブ映像よかった。

あー、そうだった、
こういうところが好きだったんだよなー、って思い出したよ。

「シュプレヒコールに耳を塞いで」のギターのかけあいとか。

すごいよね。
こういうのがライブの良さだったよね。


平日お昼の上映で、
特別料金のお高い作品なのに、

けっこう混んでてびっくりした。

相変わらず、
コアなファンが強力なんだね。

むかしから、そうだったから。
強いのよ、ファンが。

アルフィーファンって、怖いよねー、
とか、よく言われたもん。

かっこ悪いとかも、言われた。

でもそうやって、
それぐらいの気持ちで、

アーティストとファンが、
お互いに支えあった40周年なんだと思います。


GLORIOUSっていう曲の話が出てきてね、
ぜんぜん知らない歌だったんだけど、

2013年の秋ぐらいの曲らしいんだけど、
まさにこれが40周年、さらにこれから先の姿なんだね。

 時代は変わって行くけど
 俺は今もここで愛を歌ってる
 時は流れて行くけれど
 友よ俺はここで夢を叫んでる


青春なんだって。
ライブをやり続けることが。

アーティストにとっても、ファンにとっても。

彼らが続く限り、青春は続くんだって。


あの場から離脱したときに、
あたしの青春は、きっと終わったんだな。


|

« 三渓園・梅 | トップページ | 天気がいいから丸洗い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事