« 【映画】イントゥ・ザ・ウッズ | トップページ | 中学部卒業式 »

【映画】イミテーション・ゲーム ーエニグマと天才数学者の秘密ー

Imitationgame

ブラックなミュージカルのあとに、これって、
かなりハードなのですが。

明日、ちゃむさんが卒業式で、
春休みに入っちゃうから、しばらく映画館に行けないのよ。

それなのにね、
見たい作品が山盛り公開になっちゃって。

かなり焦ってます。
まぁ、別に趣味だから見逃してもいいんだけど。


そんなわけで、
どうしても見ておきたかった注目作。


アラン・チューリング、知ってますか?

まったく知らなかったよ、
こんなすごい人のこと。


スティーブ・ジョブズや、ビル・ゲイツが尊敬する人、
アラン・チューリング。

コンピューターだらけの現代社会。

コンピューターの初期モデルを発明したのが、
この人だったのです。

なぜ知られていないか、というと、
歴史の闇の葬られてしまったから。


ネタバレだけど、
そもそもノンフィクションなので書いちゃうと、

開発は、戦争の暗号解読のためで、
すべてがトップシークレット。

おまけに性的指向(!)が、
法律違反(!!)だって、
逮捕(!!!)されて、
有罪判決で(!!!!)、

服役のかわりにホルモン投与されて、
自殺してるんですよ・・・

どれもこれも、
開いた口がふさがらないほどに、ほんとヒドイ話。


そういう社会だった、
そういう時代だった、

そうなんだろうけど、
そうなんだろうけどさ、

功績を考えると、言葉がない。


解読成功の喜びもつかの間、
だからって手放しで喜べない戦争情勢と、

悲しみと、憤りと、
孤独と、憂いと、苦しみと。


コンピューターを使い始めて、
もう25年。

彼のおかげで、プログラミングの勉強ができて、
仕事があって、いまの生活があるんだと思ったら、

クリストファーの前で泣き崩れるカンバーバッチを、
ぎゅっとぎゅっと抱きしめたくなった。


あー、
カンバーバッチ、すばらしかった。

キーラも。
素敵なカップルだった。


久しぶりに、
見終わって、放心状態だった。



努力しても変えることのできないもので、
人を判断したり、区別したり、差別したりしちゃいけないの。

そういう人はキライ、っていう個人的な感情の前に、
守らなきゃいけない人権がある。


|

« 【映画】イントゥ・ザ・ウッズ | トップページ | 中学部卒業式 »

映画・テレビ」カテゴリの記事