« 【映画】マジック・イン・ムーンライト | トップページ | 赤レンガお花畑 »

キャシーのbig C いま私にできること

Bigc

この春のドラマ。

楽しみにしてたのは、
まれ、あまちゃんの再放送、gleeのファイナルシーズン、

そしてこれ。
キャシーのbig C いま私にできること


big C とは、cancerのこと。
がん、です。

教師であり、妻であり、母である女性が、
末期ガンを宣告され、

その先をどう生きるかの物語。


一話30分、ワンシーズン10話前後だけど、
シーズン4まであるらしく、

最初のほうは、まだ体調もよくて、
やりたい放題、もうめちゃめちゃなんだけど、

だんだんと状況が厳しくなっていくらしい。

NHKプレミアムさん、
最後の最期まで、ちゃんと放送してくれるかしら。


がん、って、
オイオイ泣いて、絶望のうちに死を待つみたいな、

むかしのドラマみたいなイメージを持ってる人も、
まだまだいるようですが、

そんなやりとりは、もう古くて、

2人に1人か、3人に1人かはかかる、
実はとってもポピュラーな病気。

身近で、がんの人の最期を何度もみてる。


残された日をどう生きるか、
人生の後始末を自分でできるチャンスでもあるわけで。

悲しんでる時間とか、
取り乱してる時間とか、もったいない。

ほかにやるべきこと、たくさんあるよ、と思う。


みんな、そんな状況になっても、
生きることに執着するのかな。

どうやったって、いつかは死ぬのにね。


先週、第2話で、笑っちゃったのが、
夫と息子がなんでもやりっぱなしで、イライラしてる。

服は脱ぎっぱなし。
扉は開けっ放し。

それを、妻であり母である彼女は、
ひたすら片付けてきた。

おそらく、どこの家でも見られる光景かと。

そんなこんなが積もり積もって、
別居するんだけどね。


あたしも日頃、思ってますよ。

誰かの散らかした物を、
片付けるために生きてるんじゃない、って。

あたしがキャシーの立場になったら、
とりあえず家出だな。

自分のために生きられる、
ラストチャンスなんだから。


大腸と子宮は、ポリープを切って、
がん検査待ちしたことありますが、

不安とともに、どこかワクワクしてたもんなー。


みんな、見て見ぬふりしてるんだろうけど、
どんな人も、何歳の人でも、

死を背負って生きてるんだからね。


|

« 【映画】マジック・イン・ムーンライト | トップページ | 赤レンガお花畑 »

心と体」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事