« 組み立て家具 | トップページ | 山下公園・ローズガーデン »

【映画】駆込み女と駆出し男

Kakekomi

今日ね、結婚記念日なんですよ。
20年経ちました。

そんな日に、なぜか縁切り寺の物語を。

舞台は、鎌倉・東慶寺。
お気に入りの、あの東慶寺です。

ここは、駆け込み寺、縁切り寺としての歴史があって、
たくさんの悲しい女性を助けてきました。


映画の原案になっているのは、
井上ひさしの「東慶寺花だより」という小説。

既読ですが、
原作でなく、原案です。

これがね、
なかなかいい映画のストーリーに仕上がってて。

期待以上だった。
あー、いい話だったよ。


そもそも、
大泉洋があんまり得意じゃなくてね。

あの人って、何を演じても大泉洋でしょ?

それが、今回はいい方向に作用してました。
ぴったりだった。

女性たちも、
特に、じょごの戸田恵梨香がよかった。

満島ひかりもよかったけど。
樹木希林もめちゃめちゃよかったけど。


撮影は、どこのお寺でしたんでしょうね。
京都とか滋賀とかかな。

   あー、調べたらあった。
   姫路の書寫山圓教寺だそうです。
   ラストサムライと同じだってー。

いまの東慶寺は、昔の雰囲気ときっと大きく違って、
こじんまりの安心空間になってるので、

ちょっと雰囲気ちがうのね。

昔はこんな風の門前だったのかなー、
こんな風に駆け込んできたのかなー、って

想像が膨らみます。


縁切りの歴史は、展示やら何やらで、
学んだつもりでいたけれど、

次に東慶寺に行ったら、
きっといままでと風景が違って見えるだろうな。


|

« 組み立て家具 | トップページ | 山下公園・ローズガーデン »

映画・テレビ」カテゴリの記事