« あしたは | トップページ | 夕焼け »

【映画】トゥモローランド

Tomorrowland

未来っていうのは、何なんでしょうね。

ほんの数秒先も未来だし、
明日も未来だし、20年後も未来。

その未来をつくるのは、
どうやら、諦めない強い気持ち、らしい。


ディズニーランドにある、
♪世界はひとつ〜の、イッスアスモールワールド。

日本を含め、世界のあちこちにあるディズニーランド、
すべてにあるアトラクションなんですって。

そもそも最初は、
ディズニーランドじゃなくて、

1964年にニューヨークで開催された、
世界博覧会のパビリオンのひとつだったらしい。

この物語の始まりは、そのパビリオン。

トゥモローランド、という作品なのに、
ファンタジーランドに入り口がある、ってあたりが、

おもしろいなー、って思った。

未来の入り口は、
いつも空想の世界にある、ってことなんだろうな。


フランクとケイシーは、
うさぎの穴に落ちたんだね。

アテナっていうウサギを追って。


いっしょに気持ちよく落ちることができたら、
未来への扉が開くのかも。


なかなかね、解釈がむずかしいところです。


選ばれたものだけが、訪れることができて、
発展に寄与することができる別世界。

選ばれないひとは、ダメなひと?
滅びるしかないひと?

そうやって考えちゃうと、

世界はひとつなんて、
ウソじゃん!きれいごとじゃん!って思っちゃう。

でもそうじゃない。

諦めない希望と夢を持って、生きていけば、
誰でも未来を切り開くことができる、って意味なのかも。

メッセージ、けっこう大きいです。


世界が壊れていくことへのメッセージ、
悪人デイヴィットが語るんだけど、正論だし、強いです。

壊してるって、自覚ないよね。

壊してるのかな。
壊れていくのも、悪くないよ、って思っちゃうけど。


|

« あしたは | トップページ | 夕焼け »

映画・テレビ」カテゴリの記事